早いもので、9月も残すところ、あと2日ちょいとなりました。
月曜日にお仕事や学校のある方は、三連休が二回続いたからといって、来週、間違えて休まないように、お気を付け下さいまし


今日は、ブログ仲間の手を借りて、ちょっと一息入れることにしましょう
曲は、元オフコースの小田和正 さんのソロで、言葉にできないです。


小田さんは、ドラマ東京ラブストーリーの主題歌ラブストーリーは突然にを大ヒットさせました。


なお、小田さんはちょっと…という方や、最近笑ってないなあ・・という方、
今日は笑えます  どうぞ肩の力を抜いて楽しんで下さいね


 面白ネタを教えて下さった皆さん、ありがとうございました



      

      歌 詞     プーミーさん提供     IKUKOさん提供


    のんびりさん提供       わんこの主張     はいはいはい






   
            

スポンサーサイト
2009.12.26 / Top↑
今日は冬至。一年で一番、昼が短い日だ。日本には、柚子(ゆず)湯に入り、かぼちゃを食べる風習があるが、最初に始めたのは、花のお江戸の一般ピープルだとか。柚子湯には、風邪を防ぎ、皮膚を強くする効果があると言われている。神経痛や腰痛にも効くらしい。


冬至と湯治(とうじ…お湯につかって病を治す)、ゆずと融通(が利くように)をかけたあたり、ナイスな心意気 なんでないかい


江戸の銭湯では、この日、柚子湯を焚いた記録が残っているそうだ。近所のスーパー銭湯の日替わり風呂にも、今日は、香り高い柚子が プカプカ 浮かんでいることだろう。りんご風呂の日に、歯形付きの浮遊物を見かけたことがあるが、美味しかったかな? 湯船の柚子をかじる人っているのだろうか。


そういえば、小1の時、さわやかなレモンの香りに誘われて、つい、消しゴムをかじってしまったことがある。ちょっと残念な味だった


今日は ゆず の曲。グループ名にちなみ、毎年冬至にライブを行っているそうだ。(今宵は岡山。)北川 悠仁 さんと岩沢 厚治 さんの、U字ん工事コンビ。中学の同級生で、横浜のストリートミュージシャン出身。結成10年目を迎えた 去年のDream Power では、In My Life (Just Like)Starting Over を歌った。今年も紅白に出場する。今夜は柚子湯につかり、ゆずの曲を口ずさんでいる人も多いことだろう





   ゆず        



    

You Tubeで Wonderful World を流していると、通りかかった娘が一緒に歌い始めた。元気の出る ストーリー は、車のCMソングに使われた。しんしん は、今のシーズンにぴったりの、しみじみソング。曲のタイトルに、スキーに行っていた頃、駅でよく見かけた しんしんのお漬け物 の看板を思い出した


冬至の相棒、かぼちゃの曲は こちら。今日もスーパーでカット物を買ったが、ごろんとした丸ごとかぼちゃを見ると、「北の国から」の田中邦衛を思い出す。かぼちゃをぎゅうぎゅう詰めにした古いボストンバッグを抱え、息子(吉岡秀隆)が迷惑を掛けた相手の家を訪ねるシーン。平謝りする姿が切なかった。


ロケ地でラベンダーの里でもある富良野には、エピソードにちなみ、誠意のかぼちゃ という、かぼちゃ型の小ぶりなチョコができたそうな。食べたことないけど。


北国では大雪の便り。皆様、どうぞお身体にお気を付け下さいまし

  


    しんしん  CM  ストーリー  素晴らしき世界  おまけ

  


2009.12.23 / Top↑
木枯らし一号が吹き、朝晩めっきり冷え込むようになった。北海道では雪が降った という。前回、風になりたい を紹介したら、なんと本当に風邪になってしまった 願いが叶ったのだろうか?(…んなあほな


その前夜、娘のアッシーのため、玄関を出て階段をトントン…ツルッ、え゛っ? 雨で滑った上、不覚にも一段踏み外し、ドスン派手にひっくり返ってしまった。全身が、ジーンシモンズ。肘をすりむいたのか、ひりひりする。不自然な形で着地したせいか手首や足首も痛むが、骨折や捻挫はしていないようだ。


バナナで転んだ人(本物見たことないけど) の姿勢から、あいたたたと、うずくまるが、こんな所でたたずんでいる場合ではない。全身打撲だろうが何だろうが行かなくては。お尻をはたいて起き上がり、よろよろと運転席へ
トホホな瞬間を誰にも見られなかったのは不幸中の幸いだ。


打撲痛、擦過傷、腰痛に加え、翌日からは、風邪による頭痛、鼻づまり、喉の痛みと、けっこう賑やかな集いのあった数日間だったが、ぼちぼちと解散が始まった。名残惜しくはない。痛いの、痛いの、飛んでゆけ


振り返れば、9月から10月にかけては、例年になくハードスケジュールだった。体力の衰えを感じつつも、日々是精進(?)。どれも今の私にとっては大事なものなので、一つ一つ向き合う。バタバタもやっと一段落し、ほっとした矢先の学級閉鎖騒ぎに、疲れが出たのかもしれない。気温の変化の多い季節、皆さんも体調管理にはくれぐれもご注意を




                      



秋が深まると聞きたくなる曲の一つに、ギルバート・オサリバンAlone Again(Naturally) がある。72年、世界中で大ヒットした哀愁ソングだ。アイルランド生まれでロンドン育ちの彼は、ポール・マッカートニーばりの美メロと、澄んだ甘い歌声でブレイクした。歌詞はとても淋しいが、癒し系のメロディや歌声、間奏のギターに救われる。


時の流れに色褪せない名曲は、後追い世代にも浸透しているようだ。
カラオケで歌ったことがあるが、なにげに歌詞のボリュームがすごく、あっという間に字幕が変わるので、どっと疲れたぞなもし 洋楽好きなあなた、一度チャレンジしてみてはいかがだろう


この曲を引き金に、彼は次々とポップなクリーンヒットを飛ばす。デビューは67年だが、全盛期は、エルトン・ジョンやカーペンターズ、T.REX、天地真理、新御三家、陽水・拓郎・泉谷と同じ頃だ。


ポール「オラの後ろに続くのは、ギルバートエルトン ぞなもし~」
エルトン「ライバルは特におらんけど、誰か一人いうたらギルバート じゃね~」
新人ビリー・ジョエル「あたしゃ、ギルバート の後を狙っちゃうもんね~


なんと、大御所からギルバートに3票も入ったぞな。ポム・スフレ さん謝謝
クイズダービーならケント ギルバート・オサリバンに全部!」って感じ?いきなり はらたいら状態になったギルバートくん、全員の支持を集め、みごと躍進


Alone Again な頃は、もじゃもじゃ頭に吊りズボンだった彼も、来月で63歳。
去年は東京・大阪・福岡のライブハウスで公演し、ブログ仲間の a tempo さんが生歌を楽しんだそうだ。(元気~? 現在はイギリス国内をツアー中だが、来年2月に新譜をリリースし、3月から新たなツアーに出るらしい。



コメント欄の閉鎖から約1ヶ月。表面上はAlone Again(Knowingly)となったが、たくさんの仲間に支えられているので、開設時のAloneとは違い、心細さは感じない。袖すり合うも多生の縁。こんなずっこけおばしゃんだけど、今日もお付き合い下さって、だんだん



   歌詞&訳  お別れ   クレア  ゲッダン  甘~い  


   なんでや  ビミョー  先輩   タメ  後輩  おまけ



      
2009.11.09 / Top↑

昨夕、学校から帰った中学生の息子、開口一番「かぐやの打ち上げ、どうなった?」
「うっ、見るの忘れた
彼はすぐにネットを起ち上げ、「やった~、成功だ


というわけで、三菱重工業が開発したH2Aロケットが、昨日、種子島宇宙センターから打ち上げられ、みごとに成功しました
このロケットには、宇宙航空研究開発機構(JAXA・・アメリカのNASAに相当)が開発した、月周回衛星「かぐや」を搭載しており、アポロ計画以来の本格的な月探査が行われるそうです。
今後、アメリカや中国、インドも打ち上げを予定しており、「かぐや」はそのトップを切って、宇宙に飛び出した模様です。


これまでロケット打ち上げは、国が行ってきたので、一回失敗するごとに約110億円が空に消えていたわけですが、今回初めて民間企業に打ち上げを移管し、成功したというわけです。
委託された会社は、そりゃあ、しゃかりきになるますわな。
・・・にしても、月探索衛星を、月にちなんで「かぐや」と命名するなんて、素敵なセンスですね


そこで、今日の1曲は、かぐや姫にしてみました。
でも、ビートルズ好きの私としては、「神田川」や「赤ちょうちん」ではなく、「アビーロードの街」に共感します。
「かぐや姫さあど」に収録されている曲で、友達に借りて聴いた覚えがあります。


ビートルズの歌が聞こえてきそうと 二人で渡った交差点


ビートルズの録音スタジオがあったロンドンのアビーロード。
スタジオ前の通りには、世界一有名な横断歩道があります。
最後の録音となったアルバムのタイトルにもなり、ジャケットで横断歩道を渡る4人の姿は、これまた有名で、ここは、今や、世界中のビートルズファンの聖地となっています。
(マイPCの壁紙にしてますが、横長の画面なので、いくぶんぽっちゃり系


私も、その昔、友達と4人で、胸躍らせながら渡ったことがあります
でも、国籍は違っても、ファンの思うところは同じで、写真撮影するにも、順番待ち。
狭い通りながら、意外に交通量があるので、会心の一枚を撮るのはなかなか難しかったです
'69年のビートルズも、有終の美を飾るため、何度も横断させられたようです。
最近では、サザンオールスターズが、アビーロードに見立てた青山通りの写真を、ジャケットに使いましたね


なお、オリジナルの映像がなかったので、この歌は、正やんこと、伊勢正三さんの代わりに、元TMNの木根尚登さん、山田パンダさんの代わりに、The Alfeeの坂崎幸之助さんがお送りします。
木根さんと、コンピューターが作り出すシャカシャカサウンドで一世を風靡した小室哲哉さんが同グループだったのも、不思議な感じですね。



       歌 詞       青山通りの歌   想い出の曲    アビーロードB面   

   ア ポ ロ  こんな歌も・・・     宇 宙 へ       追 加


     
2009.09.09 / Top↑
先日の冷たい大風は、どうやら春一番だったようですね。三寒四温というから、次は四温の番かな?北国の皆さん、雪かき、お疲れさまです
せっかくお越し頂いたので、今日も暖かい曲にしましょうね。
ちょうど今日は母の誕生日なので、お祝いと今までの感謝を込めて、お気に入りの曲を贈ります。


昭和の歌姫、またの名をお嬢と呼ばれた、
美空ひばり さん最後のシングル 川の流れのようにです。
カラオケの定番ソングなので、十八番の方も多いかもしれませんね。
ひばりさんといえば、私が子供の頃は、紅白の常連で、よくトリを務めていました。



'37年横浜生まれ。音楽好きの両親の影響で、小さい頃から流行歌を歌っていたそうです。3歳の頃には百人一首をそらんじ、一度メロディを聴けば二度目には歌えるという、天性の記憶力だったとか。誰にも習ってないのに、リズム感、音程、表現力と、子供の頃から抜群の歌唱力だったようです



それなのに、9歳の時出場した
のど自慢では、なんと予選落ちですと
どうやら、大人の歌をあまりに上手く歌いこなすので、審査員の反感を買ったとか 大人げないぞなもし。


「だけど、涙が出ちゃう。女の子だもん。。。」とは言わないまでも、
そこはワカメちゃんやちびまる子ちゃんと同じ小学3年生。
鐘が鳴らなかったショックで号泣したそうです



12歳でレコードデビューし、舞台や映画、ミュージカルなどを次から次へとこなし、押しも押されもせぬ大スターとなりました。18歳で、雪村いづみ さん、江利チエミ
さんと組んだ、元祖三人娘が大人気。真理ちゃんや百恵ちゃんの大先輩だったんですね。
そういえば、百恵ちゃんと同じ高1の時、伊豆の踊子 に主演しているみたいです。ひばりさんは共演相手とは結婚しなかったようですが



小さい頃から大人の世界で仕事をしていた者同志、仲が良かったという
中村メイコ さんによると、お嬢は長年、酒びたりの毎日を送っていたとか。夜中に電話をかけてくることもあったそうです。メイコさんは、 三時のあなた 三児の母だったので、夜の電話や宴席には付き合えなかったと言っています。母さんはつらいよ





  
          





'87年、慢性肝炎に倒れますが、半年後復帰。'88年、完成したばかりの
東京ドーム不死鳥コンサートを行います。39曲を熱唱し、5万人のファンを感動で包みましたが、舞台裏では杖を突き、病にむしばまれた両足の痛みに顔をゆがめていたそうです。



その後、全国ツアーやテレビ出演、ディナーショーなどをこなしていきましたが、平成が始まったばかりの'89年2月、再び倒れ、6月に帰らぬ人となりました享年52歳。手塚治虫さんの永眠と、ほぼ同じ時期で、この頃から、大物が亡くなるたびに昭和が終わったというニュアンスの言い回しが使われ始めたように思います。



最後のシングルとなった川の流れのようには、まさに昭和と平成をまたぐ形でレコーディング、リリースされました。
発売日は平成元(1)年1月11日
ひばりさん最大のヒット曲となり、20年近く経った今も、心に残る名曲として歌い継がれています
          


作詞者は、とんねるずや
おニャン子クラブの仕掛け人で、
妻は元おニャン子という
秋元康さん。彼は今、AKB48をプロデュースしているそうです。



曲のタイトルにあるとは、
利根川 でも 信濃川 でもなく、新婚生活を送っていたNYの高層マンションから見下ろすEast Riverだそうです
だから、この歌は、ジョンとヨーコが川べりを散歩したり、ジャン・レノ似になる前のビリー・ジョエル似だった(ややこしや)シルベスター・スタローンが、橋の上をジョギングする姿でも思い浮かべながら歌って下さいね。


なお、秋元夫人(旧姓)高井麻巳子さんの出身地は、
今放映中の朝ドラ、ちりとてちんの舞台と、アメリカの大統領候補と同名で話題の、福井県小浜(オバマ)市 だそうです





  
歌 詞    鐘鳴らず  何周するの?  こんな歌も



   歌は心  しみじみly   田村→谷    ありがとう   
 
  

2009.07.04 / Top↑