東京では桜が満開の4月5日、日本人初のママさん宇宙飛行士 山崎(旧姓:角野)直子さんがスペースシャトル・ディスカバリー号で宇宙に旅立ちました
先ほど野口聡一さんが滞在中の国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングに成功しました。日本時間18:00から入室の模様が中継されます。間に合う方はこちらでご覧下さいね。 JAXA Live 終了後はこちら JAXA HP


ツイッターのアカウントをお持ちで宇宙飛行士に興味のある方は、Astro_Soichi、Naoko_Yamazaki、Taichi_Yamazaki、NASA、JAXA_JPをフォロー(お気に入り登録)してみて下さい。テレビや新聞には報道されない生の情報やこぼれ話満載です。野口さんのツイート(つぶやき)には、日本の上空を通過する時刻のお知らせや、宇宙から撮った世界各地の写真にウィットに富んだコメントやクイズが添えられています。鮮明な写真だけでも感動ですが、世界中から様々な言語で「すげぇ~!」「綺麗~」「ここ、うちの近所!」「行ったことある~♪」「ありがとう」「次は◯◯を撮って~)と、リアルタイムで書き込まれてゆくのも楽しいです。
 
  山崎直子さんのアカウント名は、打ち上げ後 astro_naokoに変更されました


追記:ドッキングライブ終了。野口さんと二人で宇宙船仕様の琴と笛で楽しそうに「さくらさくら」を合奏する様子が微笑ましかったです。


宇宙飛行士の訓練開始以来、事故やお国の事情でなかなか順番が回らず、初飛行まで11年の下積み期間があったそうです。その間、アメリカでの結婚や出産、育児と、先の見えない生活に夫婦間には葛藤や軋轢があったようですが、紆余曲折を経たからこそ、あの晴れやかな笑顔があったのでしょう。





        山崎直子     地球





追記2:ツイッターを始めたい方は、この日記のコメント欄横「つぶやく」(水色のボタン)をクリックし、メルアドとアカウント名(ハンドルネーム)を入れれば、すぐ登録できます。ブログやSNS(mixi)などで書き慣れている人にとっては敷居が低いはずです 140文字以内なので気軽だし、キーワードや固有名詞検索だけでなく、ハッシュタグ(#+ローマ字でキーワード)を入れると、同じテーマを語る人達のページに飛べます


開設直後のTL(タイムライン…自分のページのツイート一覧画面)には何も表示されません。誰もフォローせず、つぶやかないまま放置していれば、いつも同じ画面です。(「どこがおもろいねん?」状態)ツイートやフォロー数が増えるにつれ、TLが流れるようになり、だんだん楽しくなってくるでしょう。(※ 感想には個人差があります。)


インターネットが登場した頃、巷では「なんじゃそりゃ?」扱いでしたが、今は小学校の授業でも使います。ブログやSNSもYou Tubeも、始まりはいつも「なんじゃそりゃ?」でも、だんだん利用者も増え、進化しているようです。「続きはWEBで」のテレビCMを見かけるようになったのは一昨年あたりでしょうか。ここ数ヶ月は「続きはツイッターで」も出てきましたね。


5/2付讀賣新聞「あたしンち」参照。その先々週、作者がツイッターネタを書いたとつぶやき、話題になりました。楽しみに読んだものの、期待し過ぎたせいか、肩すかしを食らったような印象。まあ、そんな利用方法もあるということで


画面を開く度に新しいツイートが並び、リアルタイム情報や最新ニュースがどんどん流れるのは不思議な感覚です。でも、フォロー数が増えると全部読むのは無理。時間には限りがあるし、時差や生活時間帯の違いで、いつもだれかがつぶやいています。ツイートも一期一会。時の流れに身をまかせ、無理のない範囲で読み書きするのが無難でしょう。


流行中の桃ラーや極上ロールケーキはツイッターで知りました。「満月なう」「雨なう」で思わず空を見上げることもあります。同じ月を見て物思ふ人達の存在は心強いし、こたつの中で宇宙からのつぶやきを読めるのも21世紀ならではの楽しさだと思います。野口さんの「ドッキングなう」も面白かった。オバマ大統領は2030年代半ばまでに火星に人を送ると発表したようですが、その必要があるかどうかはともかく、「火星なう」の日に自分は幾つになっているんだろう。地球はどうなっているんだろう。年金は足りるのだろうか。。。いろんな意味でちょっとドキドキしてきたミーハーおばしゃんです。




  懐メロ  アポロ   999  ビートルズ  9月  瑠璃色



宇宙のファンタジーはABBAの Dancing Queen やピンクレディの全盛期と同じ頃のヒット曲。アラフィーさんチームの中にはディスコで踊った方も多いのでは
   
スポンサーサイト
2010.05.04 / Top↑

今日から6月です。
カレンダーチェック、OKですか?
5月さんと6月さんが仲良く並んでいるカレンダーだと、
5月さんの分をジョキジョキ切って、7月さんと並べると…あら素敵♪
夏がそこまでやってきます。みんな、やってるかな?


さて、今日は花金なので(←古い?)踊れる曲にしましょう。
ディスコで踊り狂っていた皆さん、準備はいいですか?
ボーイズ・タウン・ギャングの「君の瞳に恋してる(Can't take my eyes off you)」です。
パソコンの前で歌いながら踊っちゃって下さい。



知らないよ~、っていう若い方へ
テレビ朝日系「スーパーモーニング」の星占いで、
やじおくんとうまこちゃんのバックに流れている、あの曲です。
たぶん、どこかで聞いたことがあるんじゃないかな。


近所の量販店では、この曲にのせ、
「いらっしゃいませ。いらっしゃいませ。」
と、エンドレステープのおじさんが熱く語り続けるので、
我が家でこの曲をかけると、イントロに反応した息子まで「いらっしゃいませ。いらっしゃいませ。」


もう、この際、呼び込みでも星占いでもなんでもいいから、とにかくいっちゃいます。
では、今日も元気で、いってらっしゃ~い



            歌 詞    お兄さんに注目







・・・てなわけで、この曲をカラオケの席でいきなり歌うと、
盛り上がること請け合いです。
歌詞の英語も簡単。


あなたから、ずっと目が離せないの。
見つめすぎてごめんね。
ああ、生きてて良かった(*^_^*)


イケてる男子に胸キュンの女子が、ハートのお目々にルンルン気分(死語)で語る歌です。


盛り上がると言えば、ちょっと意外ですが、「北風小僧の寒太郎」も、「かんたろ~~!!」と、合いの手を入れると、かなりテンションが上がります。
ちびっこソングも、なかなか油断できません。
一度お試しあれ。

2010.02.09 / Top↑

春一番がやって来た。ヤァヤァヤァ!ぽかぽか陽気が続いていますね。今日は20℃以上ありましたが、2月の最高気温を記録した場所が、全国で101ヶ所もあったそうです。静岡では26.8℃って、夏じゃ~んテレビからは何度も 耳タコソング が流れてきましたが、怒濤のチョコレート戦争も無事終わり、ほっとしている方も多いのではないでしょうか。去年のバレンタイン日記は こちら


さて、ここで嬉しいニュースです。元シブがき隊のモッくん こと 本木雅弘 さんが
企画・主演し、内外で数々の映画賞を獲得してきた おくりびと が、アカデミー賞 の外国語映画部門賞にノミネートされました
邦画の現代劇では初エントリーとのこと。明星の表紙でビビビと来て以来、30年近くモッくんウォッチングしてきた私も、ルンルンぞなもし
一昨年の ドリームパワー では、お子さん達や、義母の樹木希林さんにもステージ上でお目に掛かったので、親近感があります


書道七段の腕前なのに、アイドルだったからか、クイズ番組でゲスト出演した時、わざわざ子供っぽい字を書いてました。シャイなのかな?袴の片足に、足を二本とも突っこんだまま踊っていた天然ぶりも忘れられません 年を重ねるごとに存在感のある俳優として成長していく姿を、これからも見守って行きたいです。


「おくりびと」は、20世紀少年第一章 が上映されていた去年の秋、観ました。
「納棺師」という職業を通じ、いろいろなことを考えさせられる、深くて温かい作品です。エンドロールが終わった後も、灯りが点くまで立つ人がいませんでした。
同じ映画をロードショーで2度見ることはない私ですが(もったいないけん)、
ロングランのこの映画は、最近リピートしてしまいました。もちろんレディースデイぞなもし


モッくんの、人間味溢れる、おもしろ真面目な演技に、泣き、笑い、山崎 努 さんの圧倒的な存在感にうなりました。笹野高史さんも実にいい味出してます。庄内地方(山形)の美しい四季と、ゆったりとしたチェロの調べに心癒されます


所属楽団が解散し、故郷に帰ったチェロ奏者が、ひょんなことから納棺師になり、仕事を通じて、人生や家族を見つめるお話。随所にちりばめられたウィットやユーモアが笑いを誘います。近頃映画館にはご無沙汰な方や、洋画しか観ない、「欧米か!」な方にもお薦め


日本人の感性が、国や文化の壁を越え、中国や韓国などでも受け入れられ、
モントリオール映画祭ではグランプリ受賞。これからもたくさんの国で上映されるというのも喜ばしいことですね。



               




ビートルズのジョージのように、インドに行って価値観が大きく変わるという話はよく耳にします。モッくんも、20代で、聖地 ベナレスを訪ね、生と死について考えるようになったとか。その頃納棺夫日記という本に感銘を受け、いつか映画化したいと思ったものの、難しい題材だけに、なかなか話が進まず、ずっと埋もれていた企画だそうです。インド体験から数えて十五年後に花開いたわけですが、浮かれた時代だと、ここまで受け入れられたかどうか。世に出たのがこのタイミングというのも何かの運命でしょうか。


地元でプロの納棺師に弟子入りすること1ヶ月。本職顔負けの技術を身に付けた、努力家で研究熱心なモッくんの、心のこもった美しい所作は、まるでお茶のお点前を見るようでした。本職から本気(マジ)で転職の誘いがあったらしいっす


この映画で、故・伊丹十三監督が、父親の葬儀にヒントを得、初めてメガホンを取った作品 お葬式 を思い出しました。「おくりびと」の脚本家小山薫堂さん(「カノッサの屈辱」毎週見てました)は、伊丹監督の お葬式日記 をお手本に、この映画の台本を書いたとのこと。シコふんじゃったを思い出すシーンもあり、ニヤリ。モッくんは、この映画を撮り終えた頃、ガンジス川で考えたんですね


ヤックン、モックン、フックン…初めて聞いた時は、なんぢゃ、そりゃ?
シブがき隊=渋いガキって、どんなガキ?と思いましたが、今や全員お父さん。
渋中(渋い中年)や、はなまるオヤジ隊あたりでいかがでしょう


代表曲はやっぱり、テレビのお寿司特集で定番ソングの スシ食いねェ! かな?シブがき隊の全盛期は、横浜銀蠅なめ猫ブームだったせいか、ツッパリ系や不思議なタイトルの曲が多かったですね。初めてこのコミックソング 歌を聞いた時は、ずっこけましたぜ
シブがき隊の3人、いつもなにげにハモってるのでチェックしてみて下さいね


「いただきます」は、動植物の命を「いただき」、自分の命にするという意味だそうです。この言葉にあたる表現が英語にないと知った時は、ちょっとびっくり。
「おくりびと」には、食べるシーンがよく出てきますが、寿司も刺身も、命を頂くわけですね。sushi は今では万国共通語


スッシッ食い~ねェ!お客さん、ネタは何からいきますかい



   2/23  アカデミー賞受賞しました


       おめでとうございます





キュートな山形弁を披露してくれたモッくん、次は 坂の上の雲 で、秋山さんとこの真之さんの役をしなはるそうな。11月放映じゃけん、見てや~




   
  デビュー曲  新人賞 フッくん モッくん テーマソング


 マスオさん ハッピー? 予告編 すごっ! おめでとう
     

2009.11.28 / Top↑

アメリカ・メジャーリーグのオールスター戦で、イチロー選手が、球宴史上初のランニングホームランを放ち、3打数3安打の大活躍で、MVP(最優秀選手)に選ばれました。


「メジャーで6年間やってきた成果を表せる自分に対して、喜びを感じ、オールスターを初めて楽しめた。」とのこと。
以前のインタビューでは、ヒットの原動力は?という問いに「野球が好きだということ」と答えていました。
どんなエピソードをとっても、彼が永遠の野球少年であることが伝わってきます。


小学4年の時から野球を始めた彼は、一日も欠かさず、父とバッティングセンターに通い、中学の頃には時速140kmの球を打ち込んでいたそうです
星一徹並みのスパルタ父だった「チチロー」も一時期マスコミによく登場していました。
名前は「一朗」ですが、彼は次男だそうです。


愛知県出身なのでもともとは中日ファンで、好きな選手は田尾安志さん。愛工大明電高卒業後、'92年にドラフト4位でオリックスに入団します。
日大野球部に入部が決まっていたそうですが、もし進学を選んでいたら、今のイチローはなかったかもしれません。


この年のプロ野球選手年鑑によると、入団当時の年俸は430万円。二年目は800万円でした。
入団四年目に就任した、故・仰木監督に抜擢され、一軍に昇格と同時に、登録名を「鈴木」から「イチロー」に変更しました。


ずっと「鈴木」のままだったら、ここまでメジャーになったかどうか・・・
実力者の彼のことだから、たぶんなっただろうとは思いますが、親しみやすさから言えば、断然「イチロー」に軍配が上がりますよね。


'93年の目標は、巨人の篠塚選手と、元阪急の盗塁王・福元選手。
趣味は音楽鑑賞(ブルーハーツ)コイン集め。まだ集めているのかな?


'94年から、日本で最後のシーズンとなる2000年まで、7年連続首位打者。2000年の年俸は、前年度の4億3000万円から、5億円にアップしています。
好きな音楽はラップ、その影響からか、当時のインタビュー番組では、ストリート系のダボダボファッションでした。


4年契約が今年で切れるシアトルマリナーズへの残留が決まったようですが、契約金は5年で1億ドル(121億円)だそうです。さて、初任給の何倍でしょうか


三谷幸喜脚本の人気テレビドラマ「古畑任三郎」の大ファンで、DVDを全部揃えているというイチロー選手は、去年、このスペシャル番組で、本人役で登場しました。
時折不敵な表情を浮かべるクールな犯人役で、古畑役の田村正和さんにひけを取らない大物ぶり。とても素人と思えない堂々とした演技は見ものでした


シーズン中にこの話が来たので二つ返事で引き受け、試合中、センターでぶつぶつセリフを言いながら守備に当たっていたということです。
セリフは完璧に覚え、NGも出さなかったというから、そのプロ意識たるや、ただものではないですね。


俊足で強肩のイチロー選手が大切にしていることは、野球場に来たファンに、自分のプレーを楽しんでもらうこと
特にオールスター戦は、みんな楽しみにしている試合なので、出場することを前半戦の目標にし、自分もそこにいてプレーができることを、心から楽しんでいるそうです。
イチロー選手の出るCMからは、どれも野球を楽しんでいる様子が伝わってきますね。


今日の1曲は、メジャーリーグの試合でお馴染みの「Take me out to the ball game」です。
1908年の作品というから、明治時代から100年近く歌い継がれてきた曲です。彼の出演した証券会社のCMでも流れていました。


私は学生時代の夏休み、LA近郊にホームステイしたことがあります。
まだ東京ディズニーランドもなく、「メジャーリーグ」は「大リーグ」と呼ばれていた時代、ホストファミリーが連れて行ってくれたドジャーズ・スタジアムで、初めてこの歌を聞きました。


7回表が終わり、ホームチームのドジャーズと相手チームが守備交代をしている間に、電子オルガンがメロディを奏で始めると、観客席の全員がざわざわと立ち上がり、音楽に合わせてこの歌を元気一杯に歌い始めました。
ちょうど阪神戦で「六甲おろし」の大合唱と共に、ジェット風船が空に舞う、あのタイミングです。


隣で歌っているファミリーに聞くと、「ラッキーセブンの歌よ」とのこと。
老いも若きも、身体を左右に揺さぶって、陽気に歌っていました。
試合の内容はさっぱり覚えてないけど、球場での楽しい雰囲気は、何年経っても忘れられません。


イチロー選手と野球解説者の高木豊さん(元横浜ベイスターズ)、とんねるずの石橋貴明さんは、奇しくも同じ誕生日です。
野球に縁がある日なのかな?


余談ですが、貴さんは、映画「メジャーリーグ2」に日本人選手役で出演し、ピッチャー役の「Wild Thing」こと、チャーリーシーンと共演しています。
個性的なチームメートの中でも、妙にテンションの高い、怪しい選手でした


アメリカ人は「イチロー」を「イチロウ」と、右下がりに発音します。いくら正しい発音を教えても、言いにくいようで直りません。
だれか教えてあげて下さ~い


では、メジャーリーグのスタジアムに行った気分で、歌って下さいね。



    歌 詞    


   ラッキーセブン   WBCインタビュー   案外オヤジ?  


    未来予想図 I ロー    才 能    日本製CM  
米国製CM  




 

2009.09.16 / Top↑

9月になりました
長くて暑かった夏休みも終わり、今日から新学期・・・といいたいところですが、今年は土・日にかかり、明後日からです。
親にとっては残念だけど、宿題が終わってない子には、2日間のロスタイムはラッキーですね


実は、昨日になって、息子がたくさんの宿題を積み残していることが発覚し、松田優作さんじゃないけど、「何じゃ、こりゃあぁ~!!」&さとう珠緒さんじゃないけど、「もおぉ~、プンプン!!」のラベ母さんです。
でも、「プンプン!!」の方が古く感じるのはなぜ


さて、気を取り直して、今日は9月の歌です。
Earth,Wind & Fire の「September」


9月生まれの私には、生まれ月の名曲がたくさんあるので、わくわくします。


えっ?年を取るから、ヤな月じゃないかって?
いいんです、いいんです。
年の数だけ、レパートリーが増えていくんですから
もう、節分の豆も、歌える曲も、数え切れないところまできてしまいましたけど


EW&Fといえば、'70年代後半~'80年代初めのディスコ(クラブではありませぬ)で、ヘビーローテーションだったので、で踊った覚えのある方も多いのではないでしょうか。


'69年にシカゴで結成され、'71年レコードデビュー。
「土と風と火」という不思議なグループ名は、占星術からきているそうです。
水はないんかいな?
モーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーのツインヴォーカルでしたが、モーリスはパーキンソン病を患ってからは、フィリップが中心となり、現在も活動しているそうです。




       歌 詞       長月だよ              踊ろうよ  

        チークタイム     ヘイ、もう一丁!  共 演   まったり


     

2009.08.19 / Top↑