この味がいいね」と君が言ったから 

          七月六日はサラダ記念日




今日はブログをお休みするつもりでしたが、この歌を思い出したので、出てきました

流行語にもなった「サラダ記念日」・・・もう20年も前になるんですね。
本当は「この味がいいね」と言われたのは「サラダ」ではなかったそうですが、作句の折に変えたそうです。元の味は何だったのかな?


俵万智さんの短歌は、独特の感性で、日常に隠れている一瞬を切り取り、きらきらした物に変えてゆく、不思議な力を持っています。


数年前から、新聞の短歌欄で選者の一人として名を連ねています。どうやら年功序列のようで、一番下に名前があります。入選作には選者の好みが反映されるので、読み比べると楽しいです。


彼女が選んだ作品は、お年を召した方でも、若々しい感性で瑞々しい句が多く、発想のユニークさに驚かされることもしばしばです。


長患いのお年寄りが、病院でもらう薬の袋をユーモアたっぷりに詠み込んだ句に、読んでいるこちらが元気づけられることもありました。


独身のまま母親となった彼女は、歌集「プーさんの鼻」で、シングルマザーの日々を詠っています。五感をフルに使って育児をする母と、日々成長する可愛い幼子の様子が伝わってきて、思わず目元が緩みます。


言葉を大切に扱い、我が子の発する小さな単語一つにも耳をすませている母親の姿が微笑ましいと同時に、自分はどんな言葉をかけてきたのか、振り返りたくなりました


なんでもない会話 なんでもない笑顔

         なんでもないから ふるさとが好き




    
スポンサーサイト
2008.07.06 / Top↑

西日本地方の皆様、梅雨明け、おめでとうございます。(たぶん、おめでたい事ですよね?)
今日はこちらも夏日でしたが、宣言はまだ先延ばしみたいです。

月末までに、6月分の記事に、音楽の画像を付けようと、ここ数日、しこしこ作業をしております。
笑える映像も多数発掘しましたので、どうぞお楽しみ下さいね


改めて過去ログを読み直していると、先月の今頃は、「梅雨はどこへ行ったのでしょう」と書いていました。
は~い、ここですよ~


先月、梅雨をさぼっていた分、今月に持ち越して、プラマイゼロにでもする魂胆でしょうか? 海の家が泣いているかも・・・


画像デビューの追加分を団体さんでご紹介しますので、気に入った曲がありましたら、BGM代わりにどうぞ♪
前回付けた分は、7月19日に掲載してあります。


なんだか、「ご覧のスポンサーの提供でお送りいたしましたm(_ _)m」みたいな感じになっちゃいましたね。
今後の励みになりますので今までアップした分なら、どの曲でも結構です。
見た(聴いた)感想を、お気軽にカキコしていって下さいね。





       画像付きになった皆さん
  


   聖母たちのララバイ     Help !          ダンシング・シスター 


   まあるいいのち    Dear WOMAN     When I'm sixty-four


   おさかな天国  ラヴィング・ユー・ベイビー   お嫁サンバ


   Dancing Queen  Isn't she lovely     詠人(おじゃる丸)

2007.07.24 / Top↑
そろそろ贈らなくては・・・と考えているので、今日はお中元の話です。せっかくだから、ちょいと調べてみました。


昔、中国では「三元」と言って、1月15日、7月15日、10月15日を祝う習慣があったそうです。
この半年間の無事を祝い、祖先の供養をしたのが「中元」とのこと。
それが時期的に日本のお盆の行事と重なり、日本独特の習わしとなったようです。


時期的に、関東地方では7月15日頃、関西以西では、旧暦に当たる8月15日頃までが目安で、その時期を過ぎると「暑中見舞い」となるそうです。


私は関東在住ですが、出身は西日本だし、贈り先もそっち方面なので、別に8月でもいいかな、と思いますが、親戚から届いたので、早くお返しをしなきゃ


以前はデパートに出向いてカウンターであれこれ記入していましたが、今ではネットで24時間受け付けられるので便利ですね。


ところで、お中元の贈り物として人気のギフトはなんだと思いますか?
昭和30年代は、輸入洋酒、調味料、ビールの大瓶、クレープ素材の下着上下や浴衣(ゆかた)の反物などだったとか。


堤真一さんや薬師丸ひろ子さんの住む、3丁目の鈴木モータースさんあたりに贈ると喜ばれそうですね。
新しい冷蔵庫もあるので、冷えたビールも飲めますよ。
テレビは直ったかな?


今の売れ筋は産地直送品、ブランド食品、カタログギフトなどだそうです。
カタログを見ながらあれこれ選ぶのも、楽しいものですね。二つ選んじゃダメ?


贈り先の家庭環境や嗜好などがわかっていれば楽なのですが、そうでない場合は悩むところです。
下戸の我が家では、お酒より、お菓子やカタログギフトが嬉しいな


ネットで注文して、宅配便で届くお中元が主流となった今では、
「ハムの人」も死語になったのでしょうか?

2007.07.10 / Top↑
今日は、やっとこさPCを起ち上げたところです。
土日忙しかったんで、ちょいと疲れが出てしまいました。
家族が帰ってくると、またバタバタになるので、とりあえず休んどこう、と、体力の温存を最優先にしました。
私にとっては、かえって週末の方が疲れます。


最近、老眼かな?と思うことが増えました。
気が付くと、前へならえの姿勢で新聞を読んでいます。
以前は、小さく前へならえだったのに・・・


ほかにも、CDの歌詞カードはなんとか読めても、文字がぎっちり詰まった解説や、最後のページの、ミュージシャンや関係者の名前がごま粒のような大きさで書いてある所は、読むのを諦めています。
小さい文字でお名前が書かれている皆様、この場を借りて、お詫び申し上げますm(_ _)m


思えば、LP時代は、まだ若かったということもあるけど、何より歌詞カードも大きかったので、解説も余裕で読めました。
ジャケットにいろいろ写真がコラージュされているのも楽しかった。


でも、CDさんったら、コンパクトなのはいいけど、やっぱり文字の面積が小さいよ~(T_T)
後ろをひっくり返して、タイトルを読むだけで、ピント調節機能が衰えた目には負担です。

去年、息子がボールを目にぶつけて、眼医者さんに行ったついでに、私も老眼の検査をしてもらいました。
結果は、お気に召すまま、でした。


老眼鏡は、生活に支障がなければ、なくてもいいだろうとのこと。
また、一度買っても、老眼は進行するので、また買い換えることになるともおっしゃったので、経済的なことも考え、当面は見送ることにしました。


幸運なことに、私はずっと視力が良かったので、これまでほとんど不自由さを味わったことがありません。
星空がぼやける、とか、眼鏡がないと目がねえ(苦)ということもなく、ここまで来ました。


でも、ド近眼の夫の血をひく娘は、去年からコンタクト人間となり、洗浄液だ視力検査だなんだと、手間暇がかかります。この先何十年と続くわけですから、天然の私から見れば、面倒だし、高くつくなあ・・・と思います。


いっそのこと、老眼鏡をゲットした方が、楽になるのかな?
皆さんはいかがですか?
今は他人事と笑っている若い人も、そのうち来ますからね。
乞うご期待(*^_^*)

2007.06.12 / Top↑
今日も暑かったですね。
いかがお過ごしでしたか?

実は、今朝、更新するつもりでブログを開こうとしたら、なんとメインテナンス時間にひっかかっていて、お昼頃まで使えないとのことでした。
昨夜は遅くまで出かけていたので、コメントも見てなかったし、今日も外出の予定があり、わざわざ数時間も待ってまで・・・
と思い、セルフジュークボックス(?)をお休みすることにしました。
お知らせが遅くなり、ごめんなさいm(_ _)m


これを機に、この半月間を振り返ってみると、やっぱりちょっと張り切りすぎていたかな、と反省しました。

選曲や雑文を書くこと自体は楽しいのですが、あんなことやこんなこと(どんなこと?)も含めて考えると、無休で曲紹介はちょっときついかな・・・と感じています。


やはり、自分の好きな曲を紹介しているので、1曲、1曲を大切に扱いたいのです。
だから、コメントが付いても付かなくても、はい、次!というベルトコンベアーみたいなルーティンは、なんだか悲しいし、曲に対して失礼だとも思いました。


家族あっての自分なのに、パソコンの前にいる時間が増えたので、要領の悪い私としては、少しまずいな、という気にもなりました。
でも、ありがたいことに、何人ものブログ仲間ができ、楽しく交流させて頂いていることは、大きな収穫でした。(過去形ではありますが、未来形でもあります)


学生時代ならともかく、日常生活で、こんな短期間に、自分の好きな音楽や聴いてきたアーティストがほぼ同じ、オタクっぽいネタまで話が通じる、という魅力的な仲間に会うことは、滅多にあるものではないでしょう。

でも、このブログをきっかけに、性別や仕事の有無、年齢を問わず、そんな仲間ができたのは奇跡に近く、驚きと喜びでいっぱいです。
出会いの一つ一つに、心から感謝しております。
これからは、様子をみながら、マイペースでやっていくつもりです。

急行列車から各駅停車に乗り換えはしますが、「no music, no life」 の基本姿勢は変わりません。
楽しみながら続けていきたいと思っておりますので、よろしければお付き合い下さい。

ありがとうございました。



2007.06.03 / Top↑