待ちに待った山下達郎のベストアルバム OPUS All Time Best 1975-2012 が26日に発売され、ヘビーローテーションで聴いている。通常盤は3枚組、レア曲で構成された初回限定盤は4枚組で同じ価格というお得感も、われら蒼氓には有難い。吹奏楽部パーカッション出身、高校入学祝いに買ってもらったドラムから入り、ギター、キーボード、作詞作曲、編曲、ミキシング、歌、バックコーラス、一人アカペラ、妻の楽曲プロデュース、DJ、落語、風呂掃除、こだわりのカレー作り、子守のおじちゃま、洋楽解説となんでもこなす宅録派レコードコレクター。所有するレコードやCDはただいま6万枚。「レコード倉庫と結婚したみたい( ̄▽ ̄) 」(竹内まりや)


初めて達郎の声を聴いたのは70年代の中学時代。後追いで解散後のビートルズを聴き始めた頃だ。吉田美奈子、大貫妙子らと結成したSUGAR BABEが時代を先取りしすぎて売れず、糊口をしのぐため、大瀧詠一 らとCMソングを書いては歌い、歌っては書き、「なんでここまで凝るかなぁ」と音に対してストイックすぎる自分に呆れながらも趣味に合わない昭和歌謡をアレンジしたり、レコーディングに臨む日々。三ツ矢サイダーやコカコーラのメロディは聞き覚えがあるが、イチジク浣腸のCMソングまで手がけていたとは。あのメロディかな、とエアー検索したりなんかして(^^;)ユーミンのデビュー二作目で私にとっては胸キュンアルバム「MISSLIM」(74)から、これまた大好きな曲がぎっしり詰まった「OLIVE」(79)まで、ほとんどのアルバムにコーラスで参加している。


79年に出演したmaxellカセットテープのCMソング「Ride On Time」が大ヒット。四半世紀後、キムタクドラマ「Good Luck」のテーマソングにもなった。maxellのキャッチコピーは「いい音しか残れない。」流行りの音を避け、バブルにも踊らず、地道に自分のスタンスを守り、言葉やメロディ、リズム、ハーモニー、音質にとことん拘る音の職人(アルチザン)。暇さえあれば中古レコード店を巡り、ストレス解消はレコード棚の整理、日曜午後のご長寿DJ番組 SUNDAY SONG BOOK では、レコード棚から持ち出した音源をリミックス。リスナーからのリクエストに応え、お気に入りやお薦めソング、新譜をかける。時に「なんぢゃ、そりゃ?」曲特集や、まりやさんとの かけ合い漫才 夫婦放談、大瀧詠一師匠とのマニアックな音楽談義などスペシャル番組もあって楽しい。我が家では入りにくいFM放送は車内でしか聴いてなかったが、最近はPCやスマホから気軽に聴けるようになったのがありがたい。


昨年、達郎の母の故郷 東北地方を襲った大震災後は、被災者に寄り添い、励まし、祈る姿勢がじわじわ伝わってくる。避難所の体育館の携帯ラジオでも聴けるよう、音圧を調整し、CMカットで鎮魂歌を流し続けた週は胸が震えた。限りない命のすき間を想い出は流れてゆく。いい音は時を越え、想い出の中に残る。



インタビューは こちら と こちら








              



パイロット姿の竹中直人さん、堤真一さんが渋い♪木村くんの父親で舟宿の主人役に いかりや長介さん。いい味出してたなぁ(T_T)




            


「高気圧ガール」は83年の全日空沖縄キャンペーンCMソング。松本千秋がドジでのろまな亀だった頃の曲だ。懐かしくて涙がちょちょぎれそうだ。中秋の名月の今宵はあいにくの低気圧。台風17号が猛威を振るい、各地で水害や停電、避難勧告が出ている。空の便は軒並み欠航、陸のダイヤも乱れている模様。風の音が強まってきた。皆さんどうかご無事で。。。暑かった9月もまもなく終わる。



            



時の流れに色あせない達郎ソング。一音入魂、珠玉の作品群の中でもマイベストはやっぱり 蒼氓


たそがれが降りてくる

歌声が聞こえてくる



           






スポンサーサイト
2012.09.30 / Top↑
枯葉散る夕暮れが来る日の寒さを物語り、ご近所の歩道ではマラソン人が行き過ぎる今日この頃、山里には蜂蜜を求めて熊のプーさんまで出没している模様。そういえば、昔はよく北海道土産の黄色い「熊出没注意」ステッカーや「網走番外地」グッズを見かけたものだが、今も健在なのだろうか。ご当地キティちゃんあたりにあるかも…と調べてみたら、ラベンダーキティ 発見 身内みたいで嬉しい。


サンリオの広告塔として全国各地でかぶり物やコスプレに励むキティちゃんだが、さすがに囚人服ものはない模様。熊さん注意ステッカーは通販でも買えるらしい。リアルなイラスト好みの方は車の後ろにでも貼って下さい。近づきませんから。。。ぼくはくま



さて、前置きはこのくらいにして、今日はツイッターのタイムライン(TL)から拾ったちょっとお得な音楽情報をご紹介。「UTAU2010」ツアー中の坂本龍一&大貫妙子さんのライヴが今夜もUSTREAM配信される。チャレンジ精神旺盛な教授の太っ腹な計らいにより、PCやスマートフォンからリアルタイムで楽しめるので、音声の聞ける環境の方はどうぞお試しあれ。特設ステージへの入口は こちら


この配信は先日行われた教授の北米ライヴに続く実験的な試みなので、たまに途切れたり、音が拾えなかったりのアクシデントもあるが、音質・画質は回を重ねるごとに向上している。ビートルズの歌詞にもあるように Getting so much better all the time だ。会場の空気も音も歌声も一期一会。伴奏者として、ソロの時とは違った持ち味を見せる教授のピアノは、透明感溢れる大貫妙子さんの歌声にそっと寄り添う。


会場に来られない方達にも楽しんで貰いたいと、自分の携帯に加熱防止の冷えピタシートを貼って無料配信したという教授のチャレンジ精神と太っ腹に拍手(88888888)アンコールでは「戦メリ」も聴ける。終演後、お客さんが退場し、機材を撤収する足音まで伝わってくるので「はたらくおじさん」や「シルシルミシル」好きな私にはたまらない。全回放送予定らしいので、今日間に合わなかった方もまたの機会に。


今月の北米ツアーではアドリナリンが出まくったとつぶやいた教授。最近気になるのはお気に入り力士 豊真将(ほうましょう)の取り組みだそうな。YMOつながりでは「Rydeen」を作曲したドラムの高橋幸宏さんやそのお兄さんもそれぞれの近況報告やライヴ告知をツイートしている。




               




     UTAUツアー 今後の日程


11月25日(木) サンケイホールブリーゼ (大阪) 19:00開演 
11月26日(金) サンケイホールブリーゼ (大阪) 19:00開演 
11月28日(日) 愛知県芸術劇場 コンサートホール(愛知)18:00開演 
11月30日(火) 長崎市公会堂(長崎)19:00開演
12月2日(木) 福岡シンフォニーホール(福岡)19:00開演 
12月4日(土) 広島ALSOKホール(広島) 18:00開演 
12月5日(日) 岡山シンフォニーホール(岡山)17:00開演 
12月7日(火) 刈谷市総合文化センター(愛知)19:00開演
12月10日(金) 東京国際フォーラム ホールC(東京)19:00開演 
12月11日(土) 東京国際フォーラム ホールC(東京)16:00開演 
12月16日(木) 川口総合文化センターリリア メインホール(埼玉)19:00開演 
12月19日(日) 東京エレクトロンホール宮城(宮城)17:00開演 
12月22日(水) 札幌市民ホール (北海道) 19:00 開演


はじめての方へ/坂本龍一「ひとりUSTREAM」とは?

USTボランティアスタッフの平野です。
このUTAUツアーのUST中継は、「あえて教授がひとりで、自分の私物の機材で中継する」ということに重きを置いています。ですから画質も音質もあまり良くありません。それほど凝ったアングルもなければ、かなりぶっきらぼうな中継だと思われる方もいるかもしれません。


でも教授は今回のツアーを始めるにあたって「これから先、いつでも自分でUSTできるようにしたい。やれるなら全公演、いつでも、気軽に」という相談を僕にしてくれました。つまりこれは、今後永続的にソーシャルメディアと関わっていきたいという教授の想いだと僕は思うのです。


ちょっとでも設定が大変だと、一度や二度の中継はできても、10回、100回という中継はできません。だから、「教授本人がひとりでできること」、それが配信のクオリティー以上に一番重要な今回のテーマなのです。なお、ハイクオリティーな中継は我々USTボランティアチームが、今後何回か企画して行くことになると思います。そのときは思いきり綺麗な映像と音をお楽しみいただければと思います!


これからもこんな感じで日々進化しながら、楽しみながらやっていきます。UTAUツアーの公式ツイッターアカウントは@utautourです。毎公演毎にプレゼントやフォトレポートがありますので、是非フォローを。UST中継の実験や今後の流れに興味がある方は僕の個人のツイッター(@dsHirano)をフォローしてみてください。いち早く大人の悪巧み、お伝えしていきます。




11月11日はポッキープリッツ の日だったらしい。なんでも、形が数字の1に似ていることから、グリコが平成11年11月11日に制定した記念日のようだ。今年は11年ということで力が入り、テレビでは、中高年には懐かしいYMOの「RYDEEN」をBGMに、還暦を意識したのか赤いスーツに身を包んだ3人組がポッキーを薦めるCMが盛んに流れた。まさかの出演に度肝を抜かれたのは私だけではないだろう。


YMOことYellow Magic Orchestraのデビューは78年だが、日本に先駆け欧米で人気を博した。逆輸入でブレイクしたのは80年代に入った頃。QueenやCheap Trickと逆の構図?当時はちびっ子にも人気だったらしい。給食の時間にかかったのかな。メンバーは、年長さんから順番に、細野晴臣(ベース)、坂本龍一(キーボード、シンセサイザー)、高橋幸宏(ドラム)。


細野さんの祖父はタイタニック号生存者。ユーミンのデビューアルバム「ひこうき雲」や名盤「MISSLIM」の空気感は細野さんの貢献によるところ大だ。歌手に曲を提供したり、映画やドラマの音楽を手がけたりしている。渋い声はナレーションにもひっぱりだこ。ツイッターで密かに人気番組の2355兄さん豪語にーさんごーご)オープニングで声が聴ける。最近は教育テレビ「Schola~坂本龍一 音楽の学校」で三人揃ったご機嫌な演奏を聴かせてくれた。これまたTL情報。「教授」こと坂本さんは芸大大学院作曲家出身で、各分野のアーティストと共演し、音楽を語る「Schola」は実に見応えがあった。ユキヒロさんの敬愛するドラマーはビートルズのリンゴだそうだ。現在はこんな感じ



私はYMOのCMで記念日を知った口だが、娘の周りでは中学生あたりから、毎年話題になり、しっかりこの日に食べる人もいるようだ。CMの街角やTLにもポッキーびとが増殖。我が家はその商戦には乗らなかったが、食べた方、いるかな?



    雷電   TOKIO   仮面  BUDOKAN  提供  テクノ娘


     青空   TANGO   四季  POKKIO   おまけ  ついで



2010.11.26 / Top↑
天高く、行楽にはうってつけのシーズンとなりましたが、皆さん、修学旅行はどこに行かれましたか


四国・愛媛出身の私は、小学校で高知、中学で長崎・熊本、
高校は宇高連絡船で本州に渡り、信州・東京・日光でした。
ジョンとヨーコがショーンを連れて出かけた、浅間山の鬼押し出しにも行きました
ジョンの存命中だったので、もしや、接近遭遇してたかも・・・



旅行の帰りは船中泊。瀬戸大橋ができる前、四国から本州へは、船か飛行機しか海を渡る手段はなかったのです
え?泳いで渡る?
地球規模で方向音痴のドーバー海峡スイマーなら、ビートルズ映画「Help!」で見かけたけど、瀬戸内海横断スイマーの話は、聞いたことないような気がする・・



本州で生まれ育った人間はあまり意識しませんが、他の島出身の友人達は、いろいろな呼び方をしていました。
愛媛ではシンプルに「本州」と言いますが、北海道の人は「内地」
奄美大島の人は「大和(ヤマト)」沖縄の人は「本土」と呼んでいました。
なんとな~く、日本の歴史を感じますね
他にも本州の異名(?)をご存知だったら教えて下さ~い



高校の修学旅行時期が夏休みだったので、8月1日生まれの友人の誕生日を、東京の旅館で祝った記憶があります
でも、夜になって発覚したので、ただ「おめでとう」とみんなで言っただけですけどね
都内の自由行動では、親戚や兄姉など、現地に引率者がいる人は共に行動をし、いない人は友人同士で出歩くというものでした



ネットも携帯も東京ディズニーランドもない時代に、一時間に一本しか
汽車(電車ではなく、単線の「汽車」)がない地方から出てきたおのぼりさん達は、電車一つ乗るにも一苦労でした。


夜、全員が戻った部屋では、乗り換えを間違えたり、「◯◯方面」がよくわからなくて反対方向に乗ってしまったりといった失敗談に花が咲き、自分たちが田舎もんであることを、しみじみ実感したのでした



私にとっては二度目の東京でした
付き添いがいないので、東京デビューの友人達と、有楽町から銀座まで歩き、4丁目交差点の三愛ビル近くにあった「森永ラブ」で、生まれて初めてピザを食べたのを覚えています。
今でこそ地元にもマクドナルドやミスタードーナッツができたけど、
昭和50年代は、松山にできたマック(関西はマクド)が話題になるようなレベルだったので、とにかく珍しかったんです


田舎の女子高生にとって、銀座で食べるピザは、まさしく都会の味でした…と言う割に、感動するほどではなかったみたいで、覚えてません
今は実家近くのスーパーでも売っているし、宅配もあるようです。これも時代だなあ・・・



妹弟の修学旅行では、ずっと私が案内役でした。
下の妹の付き添いで登った、池袋サンシャインビルの展望台からの眺めが、悪天候で最悪だったことや、弟と一緒に新宿のデパートでビートルズ展を見て、コピーバンドの演奏を聴いたことも、今ではいい想い出です


進学で上京して以来、ずっと関東在住なので、友人・知人の大半は全国区です。
修学旅行で京都・奈良を経験した人が多いようですね。
北海道出身の友人は、青函連絡船で内地に渡り、遠路はるばる京の都を訪れたそうです。
関西出身の方は、どこに行かれましたか?


最近の修学旅行は飛行機の利用も増えたようだし、私立だと海外に行くことも多く、贅沢になったなあ、と思います。
行く方はいいけど、親は積み立ても大変ですよね



今日は、関東エリアの人が聞くと、思わず京都に行きたくなる、
パブロフの犬のような曲をご紹介します。
JR東海の京都キャンペーンソングで、映画「The Sound of Music」の挿入歌「My favourite things」(わたしの好きなもの)です。


主人公のジュリー・アンドリュース演じる、家庭教師のマリアが、
嵐の夜、雷を怖がって眠れない子供達に、ベッドの上で明るく励ます歌です
嫌なことや悲しいことがあった時は、自分の好きな物をあれこれ思い浮かべると、気が紛れるよ、という歌詞で、クリスマスの時期によく歌われます



                             歌 詞



  まずはこちら      何が好き?      ジュリ~!


オンデンさん提供     行った気分で・・     R40おまけ






   
2009.11.26 / Top↑

みなさん、いかがお過ごしですか?
体温に近い暑さにめげず、今日も元気な曲、行っちゃいま~す


au のCMソングで、オンエアはイントロの部分だけ。
でも、耳に残り、頭の中でグルグル回る音楽です。
うーん、知らないかも・・という方も「な~んだ、あの曲か」と、うなずくこと、間違いなし


アメリカのバンド Van Halen の「Jump」です


メンバー交代もありましたが、この曲をリリースした'84年当時は、オランダ生まれのカリフォルニア育ち、エドワード(エディ)とアレックスのVan Halen(ヴァン・ヘイレン)兄弟に、ヴォーカルの David Lee Roth、ベースの Michal Anthony でした


去年から、ベースのマイケルに代わって、平成生まれのエディの息子・ウォルフガングが加わったようです。


「ウォルフガング」は、もちろん、モーツアルトのファーストネーム。
小さい頃からピアノを本格的に習い、クラシックに親しんでいたVan Halen 兄弟なので、そこから取ったようです


LA近郊の町、Pasadena に引っ越して、ポップスやロックに目覚めた兄弟は、やがて、兄がギター、弟がドラムを手に入れます。


弟がドラム代返済のため、バイトに出ているすきに、アレックス兄ちゃんはドラムを叩きまくっていたようです。ドラムの持ち主である弟より腕前が上がったため、二人は楽器を交換。
かくして、お兄ちゃんがドラム、弟のエディがギター担当となったそうです。


お兄ちゃんの宝物をこっそりいじった弟が、帰ってきたお兄ちゃんに見つかり「返せよ~」と頭を小突かれ、弟は「え~ん、お兄ちゃんがいじめた~」と、自分のことは棚に上げて大泣き


母親は「うるさ~い!! いい加減にしなさ~い」というパターンになりがちですが、この兄弟は、どうも、お兄ちゃんの方が、いたずらっ子だったようです


お兄ちゃんが泣いたので、弟が諦めて譲ったのか、それともジャンケンで決めたのか、最終的にドラム代を誰が返したのかは、定かではありません
ヴォーカルとベースは、同じ大学のバンドから引き抜いたという4人組です。


弟から乗っ取ったドラムを元気いっぱいに叩く、アレックス兄ちゃんと、ドラマーになるはずだった、元新聞少年・気のいいエディ君の笑顔とギタープレー、アーンド、体育会系のデーヴの動きにも注目して下さいね



     ジャンプ!!        パナマ  

     デーヴのヒット曲     お兄ちゃん





     

2009.07.07 / Top↑

いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ  つねならむ
うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせすん


色は匂へど 散りぬるを 我が世誰そ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて 浅き夢見じ 酔ひもせず




日光の紅葉が見頃というニュースを聞き、修学旅行で訪れた、紅葉の名所「いろは坂」を思い出しました
日光と中禅寺湖を結ぶ、つづら折りの坂で、上り下りを合わせると、いろはの文字数と同じ、48の坂があったので、こう名付けられたそうです。


戦後は、道路の改修により、一旦30に減りましたが、交通量の増加に伴い、第二いろは坂ができました。その際、カーブを微調整して全体で48にしたという、涙ぐましい由来があります。
バスガイドさんの指揮で(?)同級生達と「い!」「ろ!」「は!」と大きな声で唱えながら、カーブを曲がった思い出があります
あの時君は若かった・・・




ではここで、
全国の紅葉情報です。
・・・をい、週明けに出すなよと言われるかもしれませんが、よろしければお役立て下さいね
お近くの紅葉スポット情報もお待ちしてます



さて、今日は、最近頻繁にテレビから流れてくる懐かしの曲、第一生命のCMソングで、西田敏行さんの「もしもピアノが弾けたなら」です

この曲は、西田さん主演のテレビドラマ
「池中玄太80キロ2」のテーマソングで、'81年に大ヒットし、紅白歌合戦に出場しました



昨日、60歳の誕生日を迎えた福島県出身の西田さんは、芸歴40年。
数々の大河ドラマをはじめ、ホームドラマに映画にバラエティ、CM、歌に司会にと、大活躍です。
今年の映画だけでも「釣りバカ日誌18」「ゲゲゲの鬼太郎」「憑神」に出演しました


来年公開される作品には、劇団ひとり原作のベストセラー「陰日向に咲く」や、三谷幸喜監督の「ザ・マジック・アワー」などがあるそうですが、どちらも面白そうです


なお、CMでは、西田さんではなく、ポップデュオ「キリンジ」の堀込泰行さんが歌っています。レコード(古っ・・)では、「渡る世間は鬼ばかり」の作曲や、「秋桜」「勝手にしやがれ」などのピアノを担当し、今年惜しくも急逝した、「ハネケン」こと羽田健太郎さんが、歌うようなピアノを演奏しています。



       歌 詞


      
拝啓 お客様   もしピア    出てました 


        し み じ み    浜ちゃ~ん  歌 い ま しょ





      

2008.12.13 / Top↑