今日の1曲は、佳曲揃いのディズニーソングの中でも、ひときわ輝く「星に願いを」
アカデミー歌曲賞を受賞し、今もなお歌い継がれるスタンダードナンバーです


1940年(昭和15年)生まれの作品…ということは、ジョンやリンゴと同級生
我らがサブちゃんも、当時は北海道の4歳児
アメリカのちびっ子達は、きっとリアルタイムで楽しんだことでしょうね。


ちょっと気になったので、当時のJ-POP(?)を調べてみました。
「湖畔の宿」「蘇州夜曲」「誰か故郷を思わざる」「紀元二千六百年」「月月火水木金金」「隣組」など。


パールハーバーの前年、国を挙げて「贅沢は敵だ」が始まった頃だったのかな。
軍靴の響きが聞こえてきそうなラインアップですね


日独伊三国同盟が結ばれ、イギリスではウィンストン・チャーチルが首相になりました。
アメリカの大統領は第32代のフランクリン・ルーズベルト。(テディ・ベアの生みの親 シオドア・ルーズベルトさんとは別人。)


ドイツにヒットラー、イタリアにムッソリーニ、日本では皇族の近衛文麿。
そんな、きな臭い時代に、この美しいバラードは誕生しました


その頃生まれたジョンのミドルネームは、時の首相チャーチルにちなんだ「ウィンストン」。
オノヨーコ(小野洋子)との結婚後、戦争のイメージが付きまとう「ウィンストン」を捨て、「オノ」に改名しました。


早生まれのヨーコさんは、この年、学習院初等科2年生。マザコンのジョンより7つ年上の姉さん女房です

 
注目すべきは、1980年の成田ショック以降、日本公演での第一声は「オーッス!」で決まりとなったポールの大先輩・バタヤン(田端義夫・88歳)が「別れ船」でデビューした年でもあったこと


当時21歳。今のジャニーズでいうと、亀梨君や山下君世代のお年頃で登場。
「Isn's she lovely」な森光子さんが1年生だとすると、バタヤンは3年生。
実はこのお二人さん、なにげに同世代だったようです。


ギターを抱え、明るく「オーッス」と登場するバタヤンは、オーッス歴、なんと67年(*_*)
ポールより40年も長く「オーッス」やってますので、温かいご声援をお願いします

今日は、アメリカの独立記念日
全米では、たくさんの星条旗がはためいていることでしょう。




        歌 詞      星に願いを



    
スポンサーサイト
2011.07.07 / Top↑

おはようございます。
週明けはさわやかな曲といきましょう。
私が初めて見た洋画「小さな恋のメロディ」の主題歌、ビージーズの「メロディ・フェア」です。

11歳のダニエルとメロディが奏でる、可愛い恋のお話です。ずっと胸にしまっていたのですが、DVDで発売されているのを知り、迷わず入手して想い出に浸っています。なんと便利な時代になったのでしょう


イギリスの町並みや海岸の風景、芝生の校庭での運動会や、音楽の試験前に「Are you sleeping,Brother Joe?」を二人がリコーダーとコントラバスで合奏するシーン(音が少しずれているし、だんだんテンポが速くなるけど、それもまたご愛嬌)が印象的です。


素敵な制服や、お金持ちっぽい学校、校長室の写真と先生のツーショット、墓場でミック・ジャガー(←もうご活躍中)のポスターにキスする同級生、体育館での微妙なダンス・パーティ、実験オタクのボクちゃん、CSN&Y の「Teach your children」のメロディーにのせ、二人でトロッコをこぐラストシーン・・・いつ見ても子供の頃の気持ちに戻れる、素敵な映画です

親友の悪ガキ役を好演したジャック・ワイルドくんは、去年53歳の若さで亡くなりました。当時18歳で、高校生が小学生の役をしていると驚いた記憶がありますが、不思議に違和感はありませんでした。


この映画は日本では大ヒットしましたが、本国のイギリスやアメリカでは、こけたそうです。なんでやねん?

メロディ役のトレーシー・ハイドちゃんは特に大人気で何度も来日しました。マーク・レスターくんは三田明さんに似ているという声もありましたが、それはまあ、おいといて、可愛かった彼等も、もうすぐ50代です。お元気なのでしょうか?


ビージーズはイギリス出身で、ハイトーンボイスの持ち主であるバリー兄ちゃんと、双子の弟(二卵性なので、目の大きさも額の広さも似ていない)モーリスとロビンの、だんご3兄弟ならぬ、ギブ3兄弟から成ります。グループ名は、お兄ちゃんのイニシャル「B・G」から来ていると聞いたことがあります。


額の広かったモーリスは53歳で、ソロ歌手として人気があった弟のアンディは30歳で、それぞれ病死しています。もうあのコーラスは聴けないのかと思うと、とても残念です。


この「Melody Fair」は、日本でのみシングル発売されました。カップリング曲は、「若葉の頃」です。映画冒頭で、朝のロンドンの風景をバックに流れる「In the Morning」も素敵でした


'78年に、ジョン・トラボルタの主演映画「Saturday Night Fever」を見ましたが、テーマ曲の「Night Fever」がビージーズだと知った時は、目が点になり、挿入歌の「How deep is your love(愛はきらめきの中に)」に、ほっとした私です。


ビージーズの曲は、美しいハーモニーが持ち味です。特にこの「メロディフェア」は、できれば二人で歌ってみて下さいね。キーもあまり高くないし、テンポがゆっくりなので歌いやすく、和音も3度とハモりやすいので、楽しいですよ


      
     歌 詞   オープニング  メロディ   エンディング曲


2009.08.11 / Top↑
    
   うれしいお知らせ 



   
12/26 に捜索のご協力をお願いした男の子は、

   無事に保護 されたそうです。

    ご協力ありがとうございました。

    本当によかったですね。

    





       お帰り!           おやすみ

 

2008.01.12 / Top↑