おはようございます。
今日は、Smapの「Dear WOMAN」いっちゃいますよ~


ミス・ユニバースの世界大会でグランプリに輝いた、静岡出身で20歳の森理世さん。
彼女は4歳の頃から、母のダンス学校で研鑽を積み、高校時代にカナダへ留学しました。
ブロードウェイ目指して更にダンスに磨きをかけていた所、ミスへの応募を勧められたそうです。


ダンスとミス・ユニバースは両立できません。そこで、彼女は、今しかできないことは何かを考え、ミスへの挑戦を選びました。高い語学力とコミュニケーション能力、ポジティブ・シンキング、ステージを一杯に使ったダンスパフォーマンス


満場一致でグランプリは彼女に決定しました。会場の家族や友人たちと、笑顔でアイ・コンタクトを取りながら楽しくダンスパフォーマンスができたというから、ただ者ではありませんね。


受賞のニュースを見た時、そのお化粧や髪型が「?」だった方、いらっしゃいませんか


私は「日本人を強調して審査員受けするイメージだとああなるのかな?」と思ったのですが、どうやらそれは正解だったようです。


当初は彼女自身も「え?」だったらしいのですが、チャーリーズ・エンジェルのルーシー・リュウを意識したようなヘアメイクが成功への鍵でした。


以前、女優・工藤夕貴さんのアメリカ生活を特集した番組で、ハリウッドでオーディションを受ける時は、東洋人の特性を生かして臨むと言っていました。


アメリカ人の真似をするのではなく、日本人であることを強調することが大切だそうです。
今回の結果はそれを裏付けるものとなりました。


森さんは自分の意見をしっかり持っていて、英語でも日本語でも堂々と発言するし、ブログも、日英2カ国語で書いています。
外国で生きていくには、内なる自分と向かい合い、外に発信できなければ、流されるか、潰れてしまうでしょう。


10代で単身留学し、ブロードウェイを目指して外国人の中で努力を続けた経験が、彼女を大人にしたのではないでしょうか。


毎日富士山を眺めながら育ったので、その風景を当たり前だと思っていたそうですが、いざ日本を離れてみると、改めて日本の素晴らしさや有り難さに気付き、今では富士山を見るとほっとすると言っていました。


将来の夢は、東京に国際的なダンススクールを開き、世界中の人達と交流することだそうです。グランプリ受賞で、その夢に大きく近づいたようですね。これからの1年間は、ミス・ユニバースとして世界を廻り、さまざまなイベントに参加されるそうです。さらにパワー・アップした彼女の活躍に期待したいと思います。




           歌 詞    全員集合   メイキング



スポンサーサイト
2009.07.10 / Top↑

緊急連絡

リンク先の皆さんから回ってきた伝言バトンです。
家を出たまま行方不明になった12歳の男の子を探しています。
皆様のご協力をお願いいたします。




※ 2008.1.8  無事に保護されたそうです。

   ご協力ありがとうございました。




         SMAP '98


2008.07.06 / Top↑