あた~らし~い あ~さが来た 希望~の あさ~だ

     喜~びに 胸をひ~らけ 大空 仰げ~~~



曇天続きの夏休み、いかがお過ごしですか。窓の外では りんご売り 蝉時雨。
あれ?7年前は何してたっけ?年号や自分の年にどうもピンと来なくなった今では、子供の年を基準にプレイバックすることが増えました


ではここで問題です。今鳴いている蝉が生まれた平成14年(2002)の首相は誰だったでしょうか? その年の冬季オリンピック開催地はどこ?日本人のノーベル賞受賞者は誰と誰?来日した大物アーティストは?みごと全問正解された方、
なんにもないけど、水でもどうです?


ちなみに、レコード大賞は こちらの皆さん でした。ヨーロッパでは、ユーロ(Euro)の流通が始まった年だそうです。使ったことないけど 


さて、子供時代の夏休みといえば、首からスタンプカードをぶら下げて通ったラジオ体操。私の地区は小学校の校庭でしたが、神社や公園などの人もいたのかな?


体育の時間、先生から、きちんと手足を伸ばし、一つ一つのポーズを(体操選手のフィニッシュのように)キメるよう、指導を受けませんでしたか?ゆるい体操をしていると、即、「真面目にやれ!」とか「ピシッとせーよ!」と、檄を飛ばされたりして。


「Sを見ろ!あーゆーふーに伸ばすんじゃ(なにげに五・七・五♪)と言われたこともありました。いきなりご指名を受け、時の人となった体操着姿のS君が、ポーカーフェース で、よく見りゃいつもより張り切って 回したり伸ばしたりしていた光景、今も目に浮かびます。それ以来、S君=校庭での模範演技しか思い出せない私ですが、彼も、ヒーローだったあの一瞬を覚えてるかな?


いずれの御時にか、 は建て替えられ、すっかり様変わりしてしまいましたが、
夏休み限定だった第2体操のイントロを聞くたび、あの頃の朝礼台や校庭が蘇ります





        ラジオ体操カード      




時は流れて'90年代。我が家の小学生宛に、子供会からラジオ体操のお知らせが来ました。
てっきり毎日通うのかと思いきや、意外にも 夏休み最初の5日間と最後の5日間 だけとのこと日付の最初と最後だけに、五目並べのようにスタンプが並び、あとは白紙のカードを想像すると、ちょっと拍子抜けでした。


近所の公園で、子供会の役員が、ラジカセ持ち回りでテープを流すというもので、昔の感覚からすると、しょぼっ!って感じでした。でも、もともとジモティが少なく、核家族が大半の地域。帰省や旅行や合宿などで家を空ける人も多く、当番の親の負担を考えると、夏休み中続けるのは無理があるのでしょう。


気になったのは、子供達のラジオ体操っぷりです。手足をぴしっと伸ばすとか、きれいに回すとか、そんな意識はさらさらなさそうで、どいつもこいつも どのお子さんも、ふにゃふにゃ~のゆるゆる~。思わず「クラゲかよ!」とツッコミを入れたくなったのは、私だけではなかったようです。これもゆとり教育?他のお母さん達も、みんな首をひねってました 



世が世なら(?)、大沢の親分 のような教師に、ビシバシ喝を入れられそうですが、今はそんな時代じゃないのかもしれません。卒業アルバムの恩師達も、大半は70~80代。空の上で「なんぢゃ、ありゃ」と嘆く戦前派や戦中派の先生方もたくさんいそうです。


身近にお子さんがいらっしゃる方、どこかでラジオ体操ピープルに遭遇した方、さりげなく動きをチェックしてみて下さいね 朝のアッシーの帰り道、屋外で従業員が揃ってラジオ体操をする風景に出会うのが秘かな楽しみでした。動きを見ると、その部分のメロディが浮かんでくるので、口三味線でこっそりBGMを付けて喜んでいた通りがかりのおばしゃんです。もちろん、皆さんには聞こえてないのでご安心を


いよいよ8日から 夏の甲子園 が始まります。球児達は、たぶん、クラゲダンスなどではなく、ピシッと決めてくれるのでしょうが、入場行進の後、全員でラジオ体操をするのも面白いかな、なんて妄想する今日この頃です





     6:30    第1&第2    第 3    鰹も若布も… 


     今日は何の日    2007年 夏     2008年 夏


    
スポンサーサイト
2009.08.08 / Top↑

先月の岩手・宮城内陸地震に続き、24日の岩手北部地震では、震度6強を観測し、百名以上の負傷者が出たそうです。被災地の方々には、心からお見舞い申し上げます。


都道府県では北海道に次ぐ面積という、みちのく岩手を代表するミュージシャンといえば、陸前高田出身の千 昌夫 さんや、大船渡の ニイヌ・マッケンジー さん、
そして、江刺村(現・奥州市)出身の、大瀧詠一 さんが浮かびます。
こんな曲や、あんな曲 も、そんな曲 も、素朴でええなや~


でも、やっぱり、夏に聴きたいのは、60年前の今日生まれた大瀧さんの、清涼感溢れる曲。'81年にリリースされた大ヒットアルバム A Long Vacation からのシングルカットで、君は天然色 と、B面のカナリア諸島にてです。
はっぴいえんど 時代のバンドメイト、作詞家の松本隆さんと組んで、聖子ちゃんの 風立ちぬや、森進一さんの 冬のリヴィエラ、吉田美奈子さんの 夢で逢えたら などを作曲しています。


「君は天然色」の歌詞に出てくる渚を滑るディンギー は、同時期に作られた、
聖子ちゃんの白いパラソル風を切るディンギーでさらってもいいのよ と同じ場面だとか、そうでないとか。>どっちやねん
   

エーちゃん 大瀧さんは、ジュリーオリビア・ニュートンジョンとタメの'48年(S.23)生まれ。小1の時、「こぶとりじいさん」役で、華やかなステージデビューを飾って以来、いつも学芸会の主役だったのこと


音楽好きなお母さんが買い集めた歌謡曲のレコードを聞き、同世代の 3丁目 の少年達のように鉱石ラジオに耳をそばだて、FENの入る地域に引っ越した'62年からは、アメリカンポップスに夢中になったそうです


私も、上京後、初めてFENを聞いたときはカルチャーショックでしたが、地方在住でも、子供時代からFENを受信できた地域だと、欧米の音楽に時差がなかったのでしょうね。世代は少し上ですが、広島県福山市出身の 小林克也さんも、
少年時代、FENで英語を勉強したそうです。


大瀧さんはプレスリーに夢中になり、片っ端からレコードを買い集め、ビートルズもリアルタイム。そのコレクションはハンパではなく、店員さんより詳しかったので、買わないレコードまで聞かせて貰えるようになったそうです。


ユーモア溢れる彼のHP の文章や写真からは、お笑いと音楽を心から愛する、
魅力的な人柄が伝わってきます。友達にいると楽しそうだなや






          




大瀧さんの歌声を初めて聞いたのは'73年。テレビから流れてきた三ツ矢サイダーのCMソングでした。


昭和40年代の夏休み、子沢山の実家では、瓶入りのサイダーやカルピスは贅沢品で、めったにお目にかかれませんでした。冷蔵庫の友といえば、特大やかんで、がらがら沸かした麦茶や、母が庭の梅で作った梅酒(ばいしゅ)でした。
おやつには すいかが多かったなあ


大きなお盆の上に、扇形にカットされた鋭角すいかが、だだ~っと並んでいました。大阪の従姉妹達も来ていたので、人口は十数人。
父や叔父や従兄はランニング姿、子供達は、袖なしワンピース。お茶の間には座りきれず、隣の客間の座卓にも進出し、襖を取り払って、みんなでガヤガヤと食べていた頃の白黒写真を思い出します。

思い出はモノクローム 色を点けてくれ


テレビやマンガで、縁側で浴衣を着て食べているすいかって、分度器を逆立ちさせたような形が多くないですか?私はあの形がとても優雅に思えて、憧れたものです。うちでは、いつも二等辺三角形でした。頭数が多いので、あの形で切り分けるのは難しかったのでしょう。


今なら分度器形でも大丈夫だけど、家族が揃わないし、少人数では、勢いにつられて食べるということもないので、丸ごと買うことはありません。冷蔵庫に入らないし。
スーパーで小ぶりにカットされたすいかに手を伸ばしながら、迷わず丸ごと買える人って、今、どれぐらいいるのかな…と考えてしまいます。皆さんは、すいか、どんな大きさで、どんな形の物を食べてましたか?今はどうですか 酢イカ ぢゃないよ。
Happy birthday, タッキ~ ジャニーズぢゃないよ


この夏、どこにも行けない方、大瀧さんの曲で、ご一緒に旅気分を味わいませんか?炭酸飲料は苦手だけど、子供の頃憧れだった三ツ矢サイダーには思い入れがあります。スーパーで彼の歌をエアーカラオケしていると、つい、飲みたくなって、数年ぶりに買ってしまいました。はぁ~、贅沢だなや~。小さな幸せ
サ~イダ~ (サ~イダ~)



    天然色  カナリア諸島  サヨナラ   カレン  


   シベリア   リビエラ    Dream    サイダー  
  

  
 

2009.06.12 / Top↑