最近、テレビで懐かしい音楽が特集されることが多くなりましたね。
長年のファンとしては、待ってました!って感じです。
先月はカーペンターズがオンエアされ、お茶の間(死語?)でカレンと一緒に歌いました。

この曲を初めて聴いたのは、中学生の時。
ラジオから「カーペンターズの新曲です」と流れてきました。
カレンの美しい発音は、リスニング力のなかった私にも、なんとなく聞き取れ、
そのうち、明星の歌本を見ながら、歌えるようになりました。
表現力が豊かで素晴らしい歌声に、うっとりします。


When I was young, I'd listen to the radio

Waitin' for my favorite songs

When they played, I'd sing along

It made me smile・・・



私も、いつか年を取ったら、この歌詞の心境になる日が来るのかな・・・と感じました。
そして、今、その心境にどっぷり浸かっています。
居心地が良いので、たぶん、ずっと浸かり続けることでしょう。
年を取るのも、なかなか捨てたもんじゃないですね。

CMやドラマの主題歌でも、マイジュークボックスの歌がどんどん流れてくるのは、楽しいものです。
若い世代にとっては新曲ですが、オリジナルを知っている身には、
「こんなアレンジもあるのか」
と感心することもあるし、新たな層に受け入れられることを嬉しく思います。

リチャード・カーペンターは、カレンのお兄ちゃんでピアノを弾いている人、というイメージしかありませんでしたが、放送を見て、才能あふれる人だったことを知りました。

新聞で、カレンの早すぎる死を知った時は、本当にショックでした。
「拒食症」という言葉も、初めて聞く病名でした。
40代、50代になっても、ずっと歌っていてほしかった。
リチャードの喪失感を想像しただけで、こちらまで辛くなります。

今、この曲は、音楽の教科書に載っています。
英語の教科書には、マザー・テレサやジョン・レノンも登場し、時の流れを感じます。
30年後の教科書には、一体どんな曲が載るのでしょうか?
未来の孫にでも見せてもらおうかな。



       歌 詞      Sing a song



スポンサーサイト
2009.08.19 / Top↑