暦の上では夏になり、日中は暑い日が増えました。今日は、やっと200回目の更新です。数字にちなんだ曲でも、と思ったものの、何も浮かばなかったので、5月つながりということで、この方に登場して頂きましょう。
Queenのギタリスト Brian May さん。昭和22年生まれで、今は「アラ還」と呼ばれる団塊の世代。今年62歳です。同じ年生まれの皆さんは こちら


名字はMay さんだけど、お誕生日はJuly。ブライアンの曲で一番有名なのは We Will Rock You ですが、その守備範囲は広く、ギンギンのロックから、アコースティックな弾き語り、ライブでお馴染みの美しいバラードなど、たくさんの曲を手がけています。穏やかでシャイな印象ですが、根っこには熱いロック魂


昨日は母の日だったので、華麗なるレース から、A面第一曲目のTie Your Mother Down、行っちゃいましょう。親孝行ソングどころか、やんちゃ息子が、お前の父ちゃん、ウザいから閉め出せだの、お前の母ちゃん でべそ 縛り上げろだのと、物騒なことをぬかす歌です。
いくらノリノリなロックンロールだからといって、母の日に愛を込めてこの曲をプレゼントするのはやめませう


もう一曲は、会場を巻き込んで歌う定番ソング。私も、フレディと2回、ブライアンと1回、トゥギャザーしました ライブで本物のアーティストに会えるだけでも心ウキウキなのに、聞き慣れた曲の数々が目の前で繰り広げられ、会場で一緒に歌う楽しさは、一度経験するとやめられまへん


一期一会の空気のうねりや、観客の人数分ある人生の、わずか2~3時間を共有し、一緒に歌う瞬間は、二度と来ないんだなぁ…と思うと、たとえ1万分の1であっても、歌に気持ちが入ります。生フレディにはもう会えないけど、またいつかブライアンやロジャーが来日すれば、ステージに遊びに来てくれることでしょう。


この Love of My Life や、日本語のフレーズがある「Teo Toriatte(手をとりあって)」は、フレディのピアノ弾き語りや美メロが印象的です。彼の歌だと思われがちですが、実はこっそりピアノも弾けるブライアンの作品。今回は、彼のもう一つの顔にスポットライトを当ててみましょう。



                        

       ブライアン・メイ学長    
 
     華麗なるレース           学  長            著 書





ブライアン・ハロルド・メイ博士は、ロンドンの国立大学卒業後、大学院で宇宙工学を専攻しました。バンドの成功で、長い間、研究活動から離れていたものの、宇宙への思いが消えることはなかったようです。世界ツアー中も学術誌を読み、天体観測をし、難解な数式を解いていたのでしょうか。30年にわたるブランクを経て、一昨年、完成させた学位論文が認められ、天体物理学博士号を取得したそうです。
天文学の世界では、50年や100年は誤差の範囲内なのでしょう


彼が執筆した宇宙の解説本(共著)は、本国でも評判が良いらしく、翻訳本も出ています。興味がある方はチェックしてみて下さい。(右の写真をクリックすると、内容が表記されます。)


改めて彼の詞を読むと、歌えるかどうかはともかく、天体がらみの表現や、俯瞰したようなスケールの大きさを感じるものが多いことに気付きます。宇宙好きで真面目でロマンティックなあたりは、英国版 宮沢賢治といったところでしょうか? セロ弾きじゃなくてギター弾きだけど。



'92年に設立された Liverpool John Moores University は、メイ博士を大学の教育理念にマッチする人物として高く評価し、4代目学長に選出しました。その理念とは、夢を持ち、青写真を描き、実現させること。


世界的なロックスターとして第一線で活躍し続けながらも、長年の夢を諦めず、60歳で叶えたメイ博士は、大学の理想像にぴったりだったようです。
昨年4月の就任スピーチぞなもし


このたび学長に選ばれたことを、とても誇りに思います。

私は、教育や生涯学習を、とても大切なことだと考えています。

一生学び続ける姿勢こそが大事なのです。



もう何歳だからとか、

今、人生の何合目にいるからなどということを気にする必要は全くありません。

学問を始めるのに、幾つだから遅すぎるということはないのです。

現に、30年がかりで学位を得た私が、ここにいるのですから。



学長として、私の今までの経験が、何らかの形で皆さんのお役に立つことを、

心から願っております。




ありがとう、 メイ先生。Killer Queen からのファンでした。あなたの存在はとても大きく、実力者で努力家で謙虚なところが大好きです。60歳を過ぎて新天地を見つける人も、世の中にはたくさんいます。まだまだ時間はあるのだから、夢を諦めるのはMOTTAINAIですね。



五月生まれといえば、41歳にして、脇役人生から舞台の主役にchangeした、
森 光子さん。
42000人のおくりびとを集めた清志郎さん最後のロックンロールパーティがあった
5月9日、放浪記 の上演回数が2000回に達したそうです。奇しくも89歳の誕生日、カーテンコールのステージで、スタンディングオベーションを受け、ケーキでお祝いする様子をニュースで見ました。初演は'61年、オバマ大統領が生まれた年で、実に48年がかりで達成した、前人未踏の記録だそうです。ちなみに、1000回目は、'90年。70歳の時だとか。



お客様は毎回違うので、いつも新鮮な気持ちで臨んでいる。足を運んで下さる方々やスタッフあっての記録なので、皆様に感謝したい。今までに一度として会心の出来はなく、毎回、試行錯誤している。もっと表現力豊かな演技ができるようになりたい。


年齢を味方に付ける森さん。時間ですよ のおかみさん時代はアラフィーだったのかな。一体、何回目あたりだったのでしょう。


   国民栄誉賞 おめでとうございます 






  お邪魔?  トモダチ   '39   ここにいるよ  おまけ



   Mother    五月姉妹  五月 メイ  おまけ



スポンサーサイト
2009.05.31 / Top↑
侍ジャパン WBC 連覇おめでとうございます
ハラハラしながら見ていた昨日の試合では、内川選手のファインプレーに拍手、イチローのタイムリーに、息子とがっちり握手しました。最後の打者を三振に打ち取ったヤンパパ、 ダルビッシュ 選手(22歳)は、優勝した昨日が、息子さんの初めての誕生日だったそうです


196cmの長身イケメン、しかもハーフとあって、高校球児の頃から、超目立ってたダル君。昨日ユニフォームの背中を見ていたら気が付きました
なんと、名字の真ん中に、勝利の V が あるびっしゅ。 D A R V I S H
見かけはクールでも、なにげに大阪弁。だる ぃ~っしゅやで。 奥様は宮崎弁。


MVPの 松坂 選手も、好投したキューバ戦の16日が息子さんの誕生日だったとか。パパでも金 ぞなもし


前々から思ってたのですが、イチロー選手や岩村選手って、お侍さん顔ですね。
ビールかけのアメリカ版・シャンペンファイトの前口上で、
お前さん達は、まっこと強い侍になったぜよ と祝福した、エイトマン若大将出身の原監督も、時代劇が似合いそう
「侍ジャパン」という言葉を受け、エアーちょんまげ付きで観戦していた私です



 侍ジャパン WBC 2連覇



優勝のシャンペンかけを見ていて、ふっと浮かんだ曲は、'74年、 Queen に目覚めるきっかけとなった Killer Queen です。ラジオから流れてきた指パッチンの前奏に、華麗な曲展開、見事なコーラス。背筋にビビビと電気が走りました 何度聞いてもゾクゾクするので、レコード屋に走りました


初めて買ったクイーンのアルバムは、 Sheer Heart Attack それまで2枚の渋いアルバムをリリースしていたものの、当時はいまいち知名度が低かったイギリスのインテリ4人組は、このKiller Queenでブレイクしました。世界的に人気が出る一足先に目を付けたのが、日本のミーハー 女子達。あたしも? ビデオの普及してなかった時代、ジャケットで初めてご対面した、少女漫画風なビジュアルの3人に目はハート、フレディのお顔に、軽いショックを受けました




                          





深夜放送にどっぷり漬かっていた当時、ソロになったビートルズやカーペンターズやエルトン・ジョンなどの新曲は、よく耳コピで一緒に歌ってました。でも、初めてお耳にかかったクイーンのこの曲は、出だしで、いきなり 「ん?」
空耳アワー的には 萌え~ シャン丼(Moet et Chandon) が意味不明
歌詞カードを見ながら辞書を引いたら、どうやら、シャンペンの名前でフランス語らしいとわかったのですが、父に聞いても「知らんぞなもし


マリー・アントワネットの迷言だといわれる「(パンがないなら)ケーキを食べればぁ~(クレヨンしんちゃん風)」まで引用されているので、ベルばらの世界か?と妄想しました。実は、エモやんベンチがアホやから 発言同様、マリーちゃんには濡れ衣だったという噂だけど。ちなみに、この曲は高級コールガールの歌だとか。鈞ドンはわかるけど、萌え~シャン丼は ようわからん小市民ぞなもし



今やスタンダードとなった We Are The Champions は、「オペラ座の夜」「華麗なるレース」に続き、'77年に発表された News of the World に収録。
この曲は、A面1曲目「We Will Rock You」からのメドレーです。Queenのライブでは2曲続けて歌われるのがお約束でした。
オーディエンスも一緒に歌い、会場が揺れる曲です。このアルバムもお薦め


朗々と歌い上げるフレディは、自分にとっての「マイウェイ」にするつもりだったと言っていたそうです。「昴(すばる)」の谷村さんはまだアリス時代 


この歌をスタジオで初めて披露した時は、ほとんど色物扱いで、メンバーは、サッカー場で観客が雄叫びのようにこの曲を歌うシーンを思い浮かべ、ヒーヒー笑い転げたそうです。(「島唄」みたいなイメージ?)当のフレディも、ファンが会場で参加できる歌を目指していたというから、結果的には大成功ですね。
21世紀に歌い継がれる名曲を残してくれた、天国のチャンピオンに感謝します あんたが大将(You Are The Champioん?)



WBCの映像、さっそくアップされてたので、ジュークボックスにいくつかリンクします。すぐ削除されるかもしれないので、湯気の出ているうちにお楽しみ下さい


私は、試合中、怪我で一足先に帰国し、勝利の美酒にありつけなかった、横浜の主砲 村田修一 パパが気になります。記念写真では、後輩・内川選手のはからいで、背番号25のユニフォームが、堂々と収まっています


全治2ヶ月とのことで、シーズン開幕には間に合わないけど、現役のプロ野球選手にとって、この時期、家で長期間、ゆっくり子供と遊ぶ余裕はありません。主砲としてずっと頑張ってきたから、少し戦線を離れて充電するようにいうメッセージなのかも


半端じゃないプレッシャーの中、最後まで全力を尽くした侍ジャパンの面々、そして同世代の原監督に、ありがとうの拍手を送ります


追記:「We Will Rock You」からのメドレーは、こちらの日記 でどうぞ。
 


       
    チャンピオン  シャンペン   六級   女王様物語 


  おめでとう   神様仏様一朗様  お疲れ様  ありがとう  おまけ


 
 
2009.05.31 / Top↑

自~転車、自~転車、自~転車。ぼく乗りたいな、ぼくの自転車に。ぼく乗りたいな。」
これはQueenの曲を忠実に訳した歌詞です。


Bicycle, bicycle, bicycle. I want to ride my bicycle. I want to ride my bike.」に、ぴったり対応しています。


日本語訳を手がけて歌っているのは、その名もずばり「女王様」


私はカラオケで「女王様伝説」という、Queenの日本語メドレーを歌ったことがありますが、歌詞に忠実な直訳があまりにも面白く、笑いすぎて倒れそうになりました


「Bohemian Rhapsody」や「We are the Champions(伝説のチャンピオン)」などは、爆笑のあまり、涙、涙です。


Queenの曲は、ビートルズやカーペンターズなどに比べると、歌詞が馴染みにくくて、あまり覚えられないのですが、このメドレーは日本語だから、メロディさえ知っていれば、楽しく歌えますよ
どうぞお試し下さい


WOWOWのCMで、自転車に乗った木村拓哉さんのバックに流れている、ノリの良い曲が、「自~転車。自~転車」の「Bicycle Race」
'78年のアルバム「Jazz」で発表されましたが、「グレイテストヒッツ」や「Jewelry」にも収録されています。


ブリヂストンの子供自転車「ドレミまりちゃん」や「ドレミアグネス」の発売から5年後のことで、'79年の来日公演時には、ちょうどこの曲がヒットしていました。


私は神戸公演に行ったのですが、駅から会場に向かう間、あちこちから自転車のベルが聞こえてきました。


でも、音はすれども自転車は見当たりません。よく見ると、たくさんのファンが、歩きながらリンリン鳴らしているのでした


「We will rock you」の幕開けまで、ベルは、会場のあちこちで、蝉時雨のように鳴り続けていました。
そうと知っていたら、私も用意したのにな


アンコールのステージが終わると、会場は明るくなり、Brian May の演奏によるイギリス国家(を録音したテープの音)が響き渡ります。


フレディの存命中にライブを2回も体験できた幸せを、今、改めてかみしめています



      歌 詞   Are you ready?   自~転車、自~転車 

   
            Bravo!    5/24の日記





    

2008.09.16 / Top↑
こんにちは。
今日も全国的にいいお天気ですね。
暑くなりそうなので、バテないように、UV対策と水分補給をどうぞお忘れなく。


お帰りの方、一日お疲れさまでした。
どうぞ一息ついて下さいね。
とはいっても、今日は手拍子、足拍子で、皆様おなじみ、元気いっぱいの曲です。
今やスポーツ関係のテーマソングとして定着し、ミュージカルの題名にもなった、
Queen '77年のアルバム「News of the World(世界に捧ぐ)」から、「We will rock you」


作者は、デビューから一貫して、くるくるウェーブのロングヘアー命、翼のような白いフリルのシャツがよく似合う華麗なるギタリスト、ブライアン・メイです。
彼は大学で天文学を専攻し、ギターは家にあった木を使ってお父さんと作ったというお方。
Venus もMars もばっちり all right ですね。
脳トレの計算問題にも強そうです。
DSで脳トレに励むブライアン、見てみたい♪


「ワタシ、ニホンゴ、ワカリマセン」


そうね、日本語系の問題は免除してあげましょう。
器用そうだから、細菌撲滅は上手かも。
(意味がわからない人、ごめんなさい。3色の細菌を、ブロック崩しみたいに4個単位でやっつけるゲームの名前です。脳をリラックスさせる効果があるそうで、BGMは、眠くなる音楽です)


Mercury は、英語で水星です。
天文学つながりでいい名前♪と思ったら、ボーカルのフレディ・マーキュリーは芸名でした。
本名はファローク・バルサラ。
アフリカ生まれの帰国子女で、美術学校の出身です。(男でも子女って・・・)


ドラムは、金髪のブロンドヘアで、お目目ぱっちり・ビジュアル系のロジャー・テイラー。
(Duran Duran にも同姓同名がいましたね。この5人グループには、テイラーさんが3人もいました。テイラー率6割。イチローの打率より高いです)


でも、ロジャーの声は意外にもハスキーで、ワイルドにシャウトする曲を書きます。
彼は歯科大学で学びました。
開業したり、歯科医院にお勤めしていないところを見ると、国家試験は受けてないのかも?
こんな美形の歯医者さんがいたら、口を開けるのが、ちょっと恥ずかしい。
でも行きたい(*^_^*)


'84年の「I want to break free」のプロモーションビデオでは、メンバー全員が女装に挑戦しています。
どことなくキワモノ感が漂う中、ロジャーだけは、おリボンもミニスカートもめちゃくちゃ似合っていて、そのまま美人コンテストに出ても、見破られないこと確実。
フレディなんて、ひげに、黒髪のボブヘアーカツラに、巨乳ですよ、巨乳(*_*)
夢、見そう・・・


寡黙でシャイなベーシストは、ジョン・ディーコン。
我が子を乗せたベビーカーをニコニコ押している、マイホームパパさんの写真が、好感度アップ、ロック度ダウンでした。


彼は、大学の電子工学科出身。
いい曲を作っても自分では歌わず、フレディに華を持たせて、自分は後ろで黙々とベースを刻む、裏方職人です。


それではお待たせいたしました。
理系の学生バンド出身の個性的な4人組・Queen の登場です。
手拍子・足拍子のご用意はよろしいですか?
では行きますよ~♪
Ladies and gentlemen, here they are・・・Queen !!


         歌 詞       ドンドンチャッ



アルバムでは、これに続いてフレディのピアノが入り、これまたスポーツ番組でおなじみの「We are the champions」が静かに始まります。
「We will rock you」を、新譜で初めて聴いた時は、雨乞いの唄かと思いました。
彼らは、ライブのオープニングから、観客がノリノリで参加できる曲がほしい、と、この曲を作ったそうです。
古い教会を使ってレコーディングされたこの曲では、ドラムを使わず、全員が1枚ずつ板を持って、木っ端みじんに裂けるまで、床を叩きまくったそうです。
ちょっとこわいかも。
ロジャーが一番凶暴だと思う・・・


その狙いは当たり、Queen のステージ1曲目の定番となりました。
私も参加しましたよ♪
今は亡き、フレディの、胸毛丸出しタイツ姿も見ました。
夢には出ませんでしたけど、目のやり場に困り、お耳はフレディ、お目目はブライアン中心に見てました。


のっけから、会場の全員が一丸となって、ドンドンチャッ、ドンドンチャッの嵐。
それはそれはすごい迫力で、1曲目だというのにみんな総立ちの鳥肌もんです。
その臨場感を味わえ、一緒に手拍子できる幸せといったら、この曲だけでも、元とった~♪って感じ。


最近では、ジャズ歌手のKeiko Lee さんがカバーしています。
車のCMソングで、粗野なイメージを排除し、エレガント&セクシーに歌っていました。
このアレンジなら、手拍子も足拍子も要らないので、寝る前に聴いても大丈夫そうですね。











2008.01.15 / Top↑

暦の上では、なんと、今日から冬だそうです
札幌でも初雪が降ったそうですね。ストーブやこたつ、ホットカーペットなどを出した方もいらっしゃることでしょう。
明日は気温も一段と低くなるとのことだから、うちもそろそろ出そうかな


さて、今日の曲は、最近よく見かけるHONDA FitのCMで流れている、
Queen「It's a beautiful day」です


ヴォーカルのフレディ・マーキュリーは、'91年11月24日に
エイズで亡くなりました。享年45歳でした。病名をカミングアウトした時はショックでした。10代の頃から聞いてきた大好きなバンドの顔だったし、日本公演で生の迫力を味わっていたので、もうあの音楽が聴けなくなるかと思うと、とても辛かったです。新聞の訃報欄で顔写真を見つけた時には、愕然としました。


スイスのモントルーで療養中も、精力的にアルバムを発表しました。フレディ生存中では最後となるアルバム「INNUENDO」を世に送り出した後も、彼の療養地だったスイス・モントルーに集まり、レコーディングやセッションを続けていたそうです。
この「It's a beautiful day」は、その時の音源を中心に、過去のソロアルバムからリメイクヴァージョンを加え、'95年発表されたアルバム、
「MADE IN HEAVEN」の最初と最後に収録されています。



残された日々の一日一日を愛おしむかのように、生の喜びを歌い上げるフレディの温かい声は、まるで天から降ってくるようで、初めて聴いたときは涙、涙でした


このQueen最後のスタジオアルバムで、ギタリストブライアン・メイは、日本のファンに向け「フレディへのレクイエムとして、Queenらしいアルバムをと、みんなで心を込めて作り上げた」と書いています。
ジャケット写真は、フレディが最期の時間を過ごしたレマン湖畔で撮影されました。
アルバムを手に取る機会があれば、どうぞジャケットの裏まで味わってみてくださいね。



とても余命短いとは思えない、表現力豊かで声量も艶もあるフレディのヴォーカルには驚かされます。四人の魂が深いところでつながり、支え合っている様子が伝わってくるこのアルバムには、いつも癒されます。珠玉の一枚です



    歌 詞


ちょっとだけよ  今日もいい天気   天 国 製    生きたい・・


毎度お馴染み    ほどほどに・・  お ま け 1   お ま け 2






   

2007.11.23 / Top↑