6月と聞くと、雨を連想してしまうのですが、ジューンブライドもあったことを思い出しました。6月の花嫁は幸せになれるそうですね。郷ひろみさんが二谷友里恵さんと結婚したのは、たしかこの月だったはずなのですが、まあ、それはいいか。で、このジンクスの由来を調べてみたら、どうやらローマ神話から来ているようです。


Jupiterの妻Junoが結婚生活の守り神だったので、それにあやかったり、欧米では6月が卒業シーズンにあたるから、学生時代のパートナーと結婚になだれこむことが多いそうです。梅雨がないから、さわやかな気候も強い味方になるのでしょうね。


披露宴の年配の方によくあるスピーチで、晴天だと「今日の門出を祝福するかのような青空」、雨天なら「雨降って、地(じ)固まると申します」という便利なフレーズもあります。曇りは問題にならないのかな?


達郎・まりや夫妻は銀婚式を迎えたそうです。ついでに言うと、私は今年結婚20周年です。はい、そこの方、計算しないように(笑)
50歳で挙式したから、今70歳ということにしておきましょう(汗)
ジョンとヨーコの結婚記念日に限りなく近い日だということを最近知り、ちょっと嬉しいです。


おかげさまで、今日でブログ開設からちょうど1ヶ月経ちました。その記念と、拙文を読んで下さる皆様への感謝をこめて、竹内まりやさんの曲を選びました。結婚式などで一度は耳にされたことのある曲ではないでしょうか?


歌詞の内容はデレデレのラブソングで、まりやさんも日本語だと照れるので英語で書いたそうです。それがさらっとできるのも彼女の才能だなと思います。
前奏でメンデルスゾーンの結婚行進曲をパイプオルガンで演奏しているのは、「教授」坂本龍一さんだそうです。




         歌 詞      試 聴(オルゴール版)

スポンサーサイト
2008.05.31 / Top↑
春は名のみの風の寒さや

谷の鶯(うぐいす)歌は思えど

時にあらずと 声も立てず

時にあらずと 声も立てず   「早春賦」 詞 : 吉丸 一昌



まだ風は少し冷たいものの、春の日差しになってきました。
今日は二十四節気の 雨水。あまみず うすい)


空から降る雪が雨に変わる頃で、昔から農耕の支度を始める目安にされてきたそうです。木々の芽も少しずつ膨らみ、どことなくふんわりとした感じですが、花粉症の方には受難の季節が始まりますね
毎年この時期に思い出すのは、テレビドラマの白線流しです。


長野県の松本を舞台に、卒業を控えた高校三年生達が、それぞれに悩みながら、自分の決めた道を進んでいくという学園物でした。日本アルプスを背にした、信州の冬から春先にかけての美しい風景と、当時十代だった出演者達のみずみずしさが、今も心に残っています。


今日の曲は、
スピッツ'94年の作品で、このドラマの主題歌になった'96年に大ヒットした空も飛べるはずです。




  
                 





皆さんは、高校卒業後の進路はどのようにして決めましたか?
親との対立や不安はありませんでしたか?


実家からそのまま進学・就職できた方はラッキーだったかもしれませんね。生活環境があまり変わらない分、ストレスやカルチャーショックも少ないだろうし、ホームシックを味わうこともない。親にとってはお財布にも優しいので助かります。家を出たいのに止められた方もいるかもしれませんが、初めて実家を出たのはいつですか


親元から通学できない地方出身者や、遠隔地への進学・就職を選んだ人の生活は、がらりと変わります。私の田舎の場合、「進学=家を出る」でした。たしか、約半数は松山に進学し、あとは関東・京阪神・中国・四国内の他県・九州と、バラバラだったように思います


高3の今頃、ホームルームの時間に、担任の先生が、
「クラス全員が顔を合わせるのも、これが最後になるかもしれない。」
と仰った言葉が忘れられません。
なんせ、四国は海外なので、県外の受験は泊まりがかり


そのため、2月から3月初旬の卒業式にかけて、クラスメートは連続欠席が多かったように思います。受験(旅行)日程と重なり、式に出席できなかった人達もいました。クラス会もほとんどないので、あれから会わずじまいの人もたくさんいます。



恩師もずいぶん前に亡くなり、天に昇ったクラスメートもいるので、あの日の言葉通り、全員集合は、もはや叶わぬ夢となってしまいました。この曲を聞くたび、母校の教室や卒業式に来られなかった友人たちの顔を思い出し、今も胸がキュンとします。みんな、元気かな?


空も飛べるはずは、私にとって、前奏の一小節で、一瞬にして女子高生気分に戻れる、マジカルミステリーチューンです



Y君 にどこか似とる、慎ちゃん役の 中村竜 君は、永遠のアイドルぞなもし。。




 
歌 詞    青い春    宇宙の風   じゃあね   今やR30


2008.05.30 / Top↑
今日は、久々にユーミンのデビューアルバムを聴きました。
「ひこうき雲」については 5/22の日記 をご参照下さい。


まだ、ブログのブの字もわからなかった頃の、妄想日記です。
暴走してますが、どうぞ大目に見てやって下さいませ


このアルバムは、文字通り、擦り切れるまで聴きました。
デビュー時のユーミンの曲には透明な空気が漂い、感性豊かな歌詞と、繊細なピアノのメロディは、しばし別世界へと誘ってくれました


今聴いても、あの頃感じた空気はそのままです。
ピアノの楽譜を買って、初めて弾き語りした、思い出の1枚です


ユーミンの弾くピアノは、どこか控え目で、優しい音色です。
中でも、「雨の街を」や「ベルベット・イースター」は、歌うようなイントロや、絵心あふれる歌詞が大好きでした


画像はさすがに時代を感じさせますが、曲は、今聴いても、30年以上前とは思えないほど新鮮です。




  歌 詞    雨 の 街 を     ひこうき雲     デビュー曲




    
2008.05.26 / Top↑
今日もいいお天気でしたね。
昨夜、金星と三日月をご覧になった方がいらっしゃいましたら、手を挙げて下さ~い(^^)/
・・・うーん残念、いくら念力を送っても、やっぱりこちらからは見えません。
ご報告いただけると嬉しいな。


今夜も日本列島はお天気が持ちそうなので、まだの方は、是非、空を見上げて下さい。
みなさまからのご報告を、首を長~くしてお待ちしております。
お月様もふっくらしてきているようです。
これからは、満月に向かいますね。


さて、前置きが長くなりましたが、今日はユーミンこと荒井由実さんのデビュー曲「ひこうき雲」をご紹介いたします。
デビュー当時からのユーミン世代の私には、「松任谷」さんより「荒井」さんの方が、名前も作風も、しっくりきます。


フォーク全盛期だった'70年代に、デビューアルバムの「ひこうき雲」は、衝撃の作品でした。グレープやアリス、松山千春などとともに、ニューミュージックと呼ばれるジャンルの登場でした。


ジャケットには写真がなく、ベージュ基調のクラシックの楽譜のようなデザイン。
どの曲も都会的な旋律で、歌詞には透明感がありました。
なんとなく山の手のお嬢さん風で、家にお手伝いさんが5人ぐらいと、ばあやに執事までいそうなほど、優雅な空気が漂っていました。
私の中では、「ちびまる子ちゃん」に出てくる花輪君ちのイメージです。



玄関の間だけで、まるちゃんちの家族全員分の布団が敷けそうな広さ。居間にグランドピアノ。ゴージャスなドレープのカーテンの窓辺には、「徹子の部屋」のバックにあるような大きな花瓶とたっぷりの生花。



壁には、ひいおじいさまとひいおばあさまの肖像画。
もちろん、留め袖姿ではなく、洋装です。ひいおばあさまは、モネの絵のようなポンパドールの髪型に日傘を差して、お立ちになっていらっしゃいます。
(ユーミンの実家は大きな呉服屋さんだそうですが、洋装部もあったらしいです)



そこに登場するユーミンのイメージは、ドレスに身を包んだお蝶夫人。
もちろん、縦ロールの巻き髪で、目の中には星と月。
二枚目のアルバム「ミスリム」に近い感じですね。
後ろには、エディ・マーフィーの映画で見た、かごに入れたバラの花びらを撒く係が二人・・・すみません、妄想がふくらみすぎたので、以下自粛いたします(^^;)



当時、美大で日本画を専攻していたユーミンの歌詞には、風景や色を細やかに描き込んだ作品が多く、画家としての繊細さや、14歳で歌を作り始めたという、ソングライターとしての、みずみずしい才能が伝わってきます。
荒井由実時代のアルバムを聴くと、今は離れて住む、ふるさとの友人達に会いたくなってきます。



昔から知っていた曲なのに、オルガンの美しいメロディとアレンジに心を奪われ、飛び降り自殺を描いた歌だと気付いたのは、ごく最近のことでした。
そんなに急いで空を駆けてゆかなくても、誰もがいつかは空に昇り、
やがて千の風になるんだから、あわてない、あわてない。一休み、一休み。



鎮静効果のあるラベンダーのお茶でも飲んで、ほっと一息つきませんか?
深呼吸は、身体にも心にもいいそうですよ。
落ち着くまで、よろしければご一緒に、いろんな歌を聴きましょう。
少し元気が戻ったら、小さな声でいいから、そっと歌ってみて下さいね。



この曲、古すぎて知らないよ~、という時は、さっさと読み流すか、知ってそうな人に聞いてみて下さい。若い方は、身近な大人の方がいいですね。職場の上司や学校の先生、近所の人、なじみのお店の人、誰でもOK。
ご家族だと最高ですね。どうぞ、小さなボランティアだと思って、昔の音楽談義の相手をしてさしあげて下さい。意外に知らなかった部分が引き出せるかもしれませんよ。押し入れの奥で眠っていたギターが登場したりすると、面白い展開になりそうですね。



プロコルハルムの「蒼い影」に影響を受けたという、ヨーロッパの教会で流れていそうなオルガンの響きが印象的です・・・行ったことないけど。
名アレンジャー兼キーボードは、後に夫となる松任谷正隆さん。
まりやさん・達郎さん夫妻といい、桑田さん・原さん夫妻といい、長年ご夫婦揃って音楽活動を続けている方達は、ちょっと先輩の素敵な50代で、憧れてしまいます。



今日は支離滅裂な日記に最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。またお会いしたいですね。


When you wish upon a star

Make no difference who you are



これからも、どうぞよろしくお願いいたします(^^)/~~~



          歌 詞          ひこうき雲







2008.05.25 / Top↑
春爛漫となりました。
日本中の注目を浴びる、堂々の主役のも素敵ですが、脇を固める白いユキヤナギや黄色いレンギョウ、空に向かってまっすぐ咲くモクレン(マグノリア)も、
けっこういい味出してますよ。ついステージ中央にばかり目が行きがちですが、
みんな今が小栗 旬の主役達です



今日は、そんな季節にぴったりな、auのCMソングをご紹介します。
私の大っっ好きな曲で、ルイ・アームストロングWhat a wonderful world
この素晴らしき世界
です。CMでは女性が歌っていますが、オリジナルはこちらよん


1901年、ジャズ(雑音)の本場、アメリカ南部 ルイジアナ州 ニューオリンズ
黒人スラム街に生を受けた彼は、おはようからおやすみまで暮らしを見つめるハッピーサウンドの中で育ちました。
この地域に生まれたデキシーランドジャズが陽気なのは、黒人たちが、葬儀の後、奴隷生活の辛い人生を終えた喜びを歌い、踊りながら家路につく時の音楽だったからだそうです。



ルイルイ ルイ君は10歳頃、友達とコーラスグループを結成しました。町を流し、小遣い稼ぎをしていたのですが、ある日、ガンを飛ばされたグループに、家から持ち出したガンを飛ばし、御用となってしまいます。ガ~ン よい子は真似しないでね
でも、それが世界のニッチモ サッチモ(大口くん)誕生のきっかけとなるわけだから、まりやさんじゃないけど、人生はあなたが思うほど悪くないですね。



ルイ君は、少年院のブラスバンドで、コルネットに出会います。娑婆に出てからは場数を踏んでめきめき腕を上げ、プロの楽団入り。22歳でメジャーデビュー。
トランペットだけでなく、歌も歌い、斬新で親しみやすい音楽と、明るく人間味溢れるキャラクターで人気を博し、上流社会 五つの銅貨などの映画にも出演しました。



11PM オープニングの娑婆だば シャバダバや、ネスカフェゴールドブレンド
駄馬だ~ ダバダ~などでお馴染みのスキャット唱法は、彼が始めたそうです。
今はお姉さんと二人で童謡路線を走る由紀さおりさんの大先輩とも言えますね。



'64年5月9日には、2月1日以来、アメリカ・ビルボードのヒットチャート首位、4月4日にはトップ5すべてを独占という前人未踏の快進撃を続けていたビートルズを、
ハロードーリーのヒットで、あっさり抜き去りました。御年62歳のルイおじさんに悪気はなかっただろうし、よもやジュリー ビートルズがライバルだとは思ってもなかったことでしょうから、大目に見てやって下さい。>スタッフか。





          




この What a wonderful world が生まれた'67年は、ベトナム戦争の真っ只中で、ビートルズが、インドの山奥で、先日亡くなったヨギ師の元、瞑想修行をしていた頃です。Sgt.PepperやMagical Mystery Tour、リカちゃん人形、森山直太朗さんの母・良子さんがデビューし、グループサウンズが台頭し始めた年です。
楽曲の素晴らしさから、今やスタンダードナンバーとなり、多くのミュージシャンがカバーしています。



生きる喜びに満ちあふれた歌詞と、ハスキーだけれど温かい彼の声に、いつ聞いても心が安らぎます。愛する気持ちさえあれば、どんな世の中でも素晴らしい世界になるという彼の考え方は、まさに、ジョンの歌ったImagineHappy Christmas(War is over) ワールドそのもの。ベトナム戦争に反対だった彼は、出征する兵士を前に、この、愛と平和讃歌を歌ったそうです。



世界中に愛を届けようと精力的に音楽活動を続けましたが、長年の過労がたたり、心臓病を患います。トランペットは身体に負担だとドクターストップがかかったにも関わらず、ああ、世界のどこかにわたしを待ってる人がいる…と仕事を続け、心臓発作で倒れ、自宅療養中、息を引き取りました。享年70歳。
彼の葬儀はニューヨークで行われましたが、同じ日に、生まれ故郷のニューオリンズではメモリアルパレードが行われ、彼の死を悼む数万人の人が市役所前の広場に集まり、葬送ラッパに合わせて黙祷したそうです



生前、彼のバンドに入ったばかりの奏者がアドバイスを求めると、
Just play from your heart と答えたそうです。
ブルースの女王・淡谷のり子さんは津軽訛りで言いました。歌は心
楽器も心。映画のタイトルにもありますが、まさに Music from the heart
音楽は心ですね。



彼の素朴なダミ声が心に沁みるのは、同じ'67年のザ・タイガース 君だけに愛を の歌詞にあるように、彼の声が、温かいハートにタッチしたからではないかと思います。大理石でできた彼のお墓の上には、トランペットをかたどったオブジェが載っているそうです。





  歌 詞    癒し系    映画版    人生バラ色     五つの音



Roll over Beatles  ピンクレディの仕掛け人   現地集合   おまけ
2008.05.24 / Top↑

昨日は台風に見舞われた三連休の最終日でした。
台風が去ってほっとしたのも束の間、その日が「海の日」だったことを誰もが忘れるほど、大きな衝撃が走りました。

すわ、地震!!
気が付くと、誰かがもうテレビをつけていました。
一夜明けた今日、「新潟県中越沖地震」と名前がついていました。


皆様のお家やご実家は、台風や地震の影響はありませんでしたか?
テレビや新聞などで、被災現場の惨状や避難所で疲れ切った様子の人々を目にするたび、胸が痛みます。


私も、ふるさとを遠く離れているので、こちらで少し大きな地震や台風があると、母が電話やメールをくれます。
実家は古い家屋に年寄り2人なので、こちらからも安全確認をします。
学齢期の子を持つ身には、即帰ることも難しく、なにかと心配です。


今回の地震でも、家の下敷きとなって命を落とした方々がいらっしゃいます。
親に近い世代なので、とても他人事とは思えません。
さぞかし無念だったろうな、と思います。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

来月のお盆には、被災地に帰省する予定の方もいらっしゃることでしょう。
穏やかならざる心中、お察しいたします。

今日の曲は、平原綾香さんの「Jupiter」です。
イギリスの作曲家ホルストが、約90年前に書いた組曲「惑星」の第4番目「木星(Jupiter)」のサビの部分に歌詞を付けたものです。


3年前の新潟県中越地震の際、地元のラジオ局に多数リクエストが寄せられ、多くの罹災者を励ました「Jupiter」


被災された方々へのお見舞いに代え、ご紹介させて頂きます。
平凡でも、つつがなく暮らせる毎日に感謝します。




     
   歌 詞     ひとりじゃないよ    ありがとう       5/27の日記



     

2008.05.23 / Top↑
先週までの暑さはどこへやら、一気に涼しくなりましたね。
今週は、ずっとぐずぐずのお天気が続くようです


やっとエアコン要らずになったのは嬉しいけど、今度は洗濯物がなかなか乾きません。外に干すだけで汗だくだったのが、遠い昔のようです・・・と言いつつ、9月になると今度は残暑がぶり返すかもしれませんね
夏の疲れが出てくる頃です。お身体には充分お気を付け下さい


今日の曲は、ユーミン・独身時代最後のアルバムとなった「14番目の月」のラストナンバーです。「晩夏~ひとりの季節」
夏が終わりを告げる頃、思い出す曲です


この歌は、竹下景子さんが主演したNHKドラマ「夏の故郷」のテーマソングに採用され、2005年には、平原綾香さんもカバーしました。
今日は二人の歌を聴き比べて下さいね


私には、華やかな色彩にあふれる、松任谷・イケイケ・ユーミンより、少女時代の想い出が詰まった、透明感溢れる荒井由実の世界の方が、しっくりきます。


この「晩夏」もそうですが、「花紀行」や「旅立つ秋」など、季節の移り変わりを繊細な言葉で綴った、味わいのある歌詞が好きです


ユーミンは、このアルバムを最後に寿引退をするつもりだったそうですが、その後の活躍を思うと、引退しなくてよかった、と、つくづく思います




   歌 詞    シンプルです    美しい日本の私    9月の蝉しぐれ





    
2008.05.16 / Top↑

こんにちは。
今日は、ほのぼのとした曲をお楽しみ下さい。
イルカさんの「まあるいいのち」です。

題名はご存知ない方が多いかもしれませんね。
実は私も、CDをかけながら歌っていたくせに、さっきまで認識していませんでした^^;


日本生命のCMで、松嶋菜々子さんが歌っていた、優しさあふれる曲です。
菜々子さんの画像を貼り付けましたので、
ファンの方は、どうぞ併せてお楽しみ下さい。


中・高生の頃は、ラジオの深夜放送が大好きでした。
ある日、「オールナイトニッポン」を聴いていると、「今度デビューするイルカです」という聞き慣れない柔らかいアルトの声。


「イルカ」・・・え? 誰、それ? 芸名? なぜにそんな名前を?
イルカいないか、いないかイルカ。いてもイルカ。いなくてもイルカ・・・
たった3文字の響きで、私の脳内宇宙では、疑問符がグールグル飛び交っていました。


でも、珍しさも手伝って、素朴な語りを聴いてみることにしました。
いきなりビートルズコーナーが始まったので、それだけで、彼女はもう私の世界の住人。
かぶと虫もいれば、女王様も大工さんもいるし、なんと今度は水族館まで(~o~)
バーチャルワールドは、なかなか楽しいものです。


イルカさんは、今年3月に、長年連れ添ってこられた夫君を、パーキンソン病で亡くされました
享年59歳。
この2年近くは、北海道のリハビリ病院へ、息子の冬馬さんと2週間交代で通院する生活を送っていらしたとのこと。


夫の神部和夫さんは、カレッジフォーク全盛の'60年代、「シュリークス」のメンバーとして、人気を博したそうです。
彼は、グループのメンバーで、当時まだ美大生だったイルカさんの個性をいち早く見抜きました

彼女にソロとして活動することを勧め、自分はプロデューサー側に回り、35年間にわたり、公私ともに支えてこられました。


私は、新聞記事で訃報を知り、早過ぎる死をお気の毒に思ったのですが、その次の週には、彼女がもうラジオ番組を普通に担当していらっしゃったので、強い方だな、と思いました。


彼の人生が終わりを迎える頃には、言葉を発することも難しい状態だったそうですが、彼女は、表情だけで気持ちを読み取り、離れていても心を通わせられるまでになったと語っています


今では、仕事で迷いが生まれた時、彼だったらどうするだろう、と考えると、必ず明確な答えが返ってくるようになったとのこと。
一生をかけて、自分を仕込んでくれたんだと思う・・・


デビュー以来、いつも素顔で自然体のイルカさんが、いくつになっても変わらない理由を見つけたような気がしました。


           歌 詞       ひとりにひとつ     菜々子さ~ん


  

曲を聴きながら、初のスペースシャトルの旅を終えた毛利衛さんが「宇宙から見れば国境はない」と語っていたことを思い出しました。
宇宙飛行士には、哲学者や宗教家に転向する人が多いと耳にしたこともあります


ジョン・レノンの「Imagine」の世界も、基本のコンセプトは同じです。
広い宇宙から見れば、人間の悩みなんてちっぽけなこと。
競争や差別なんてしないで、みんなで仲良く暮らそうよ


表現は違っても、同じ事を考えているんだな、と、感じました。
心がトゲトゲして、眉間にしわが寄っているな、と思った時には、イルカさんの温かい歌声の毛布にくるまり、ぼーっとしていると、こわばった頬が緩んできます

2008.05.09 / Top↑
楽をしてもクロー(苦労)、クロー

苦労してもクロー、クロー

お前が打たなきゃ明日は雨 クロマティー



クロマティー学園ではなく、元巨人・クロマティー選手のテーマソングでした。
巨人ファンではないのですが、選手の応援歌の中で一番インパクトが強かったので、ホームランを打ってホームベースに帰った直後の元気ハツラツな「バンザイ!バンザイ!」と共に、今でも覚えています。彼はどうやらタイガー・ジェット・シンと試合をするらしいですが、格闘技系はどうもさっぱりわかりません(?_?)
藤原紀香さんなら詳しいかと思いますが、新婚さんだからどうでしょうか?
王監督から、クロちゃんことクロマティ・元選手にエールがあったとの記事を読んだので、とりあえず歌ってみました♪


そんなわけで(?)今日の一曲は、ポール・マッカートニーと、アフロヘアー時代のスティービー・ワンダーが仲良くデュエットする「Ebony and Ivory」です。


黒人牧師が、原曲は黒人霊歌である「Amazing Grace」を紹介する時、ピアノの黒鍵だけで弾ける曲であると述べ、実演すると、聴衆(信者さん達?)が大いに盛り上がります。
黒鍵(black key=ebony)は黒人、白鍵(white key=ivory)は白人の象徴というわけでしょう。


ピアノの黒鍵と白鍵が、仲良く並んで素敵なハーモニーを醸し出すように、人間誰しも長所や欠点はあるんだから、僕たちも助け合って仲良くしようよ、という歌です。
スリー・ドッグ・ナイトの「Black and White」や、ジョン・レノンの「Happy Christmas」にも通じる、シンプルだけど奥の深い歌詞です。


ポールは、顔は少し変わり始めたものの、まだ黒人だった頃(ややこしい・・)のマイケル・ジャクソンとも、「Say say say」(HGじゃないっす)で共演しています。いかさまドリンクを馬車で売り歩く旅の一座を、ポール夫妻とマイケル達が演じるPVが楽しいです。
お客のサクラ役(寅さんじゃないよ・・)を演じた黒人の大男は、モスクワ・赤の広場や来日公演などポールのバックで迫力あるドラムを叩いていたエイブ・ラボリエル・Jrに似ているのですが、詳しい方がいらしたら、教えて下さい。


この曲は、シンプルなメロディとゆったりとしたテンポに中学生レベルの歌詞なので、歌いやすさは抜群です。ハモリ慣れている人には低音のパートも楽勝なので、スティービー・ワンダーになりきって、首を振りながら明るく歌ってみて下さいね(^O^)
ポールが高音とソロの最初の部分を、スティービーが低音と次のフレーズを歌っています。
PVでは、ポールがピアノの低音を弾いているので逆なんだけど、ま、いいか。では、どうぞ♪

           

         歌 詞       仲良くね   




 
2008.05.03 / Top↑
ユーミンといって連想するのはどんな曲やアルバムですか?
一番好きな曲は
SMAPの木村君や中居君がよちよち歩きだった頃から、ユーミンとその時代を肌で感じてきた、荒井由実 世代の私には、デビューアルバム ひこうき雲 を初めて聴いた時のショックが忘れられません。今日は'73年にリリースされた名盤の、
B面1曲目を飾る ベルベット・イースター です。



この年、スター誕生から、山口百恵ちゃんを筆頭に、私と同世代のアイドル歌手が次々にデビューしました。新御三家と呼ばれる郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎がヒットを飛ばし、女子は「誰派?」なんて言ってました。私はビートルズ派だったので、あんまり興味がなかったけど、一応一通り歌えるかも…



ベトナム戦争が終結し、トイレットペーパーの買い占めの行列ができ、ギターを抱えた男子は、拓郎や陽水、かぐや姫、チューリップ、NSPなどを歌っていました。カーペンターズにミッシェル・ポルナレフ、エルトン・ジョンやT.REXも流行ってたっけ。


解散後3年経ったビートルズですが、ジョンとヨーコはダコタハウスで暮らし始めたものの、後追いの時期の赤ん坊のようにヨーコべったりのジョンは、
「いいかげんにして。私あなたのママぢゃない。」とばかりに、小森のおばちゃま 子守のお姉さん付きでLAに放り出されました。その直後に出したアルバムが、名作 Mind Games だったそうです。


ポールはリンダをバンドに入れた Wings Red Rose Speedway Band on the Run を発表。さらに 、007死ぬのは奴らだ のテーマ曲で、今でもライブの定番ソング Live and let die がヒットしました。(この曲ではいつも派手な花火が上がり、会場は盛り上がります


ジョージは、前年行ったバングラデシュのコンサートのライブアルバムがグラミー賞を受賞し、Give me love や、 Livin in the Material World が全米ナンバーワンになりました。
リンゴはオールスターの楽曲提供によるアルバム Ringo に先駆けて発売された、想い出のフォトグラフが大ヒットと、なんともはやゴージャスでグ~~ッな一年でした。


その頃私は、やっとビートルズに目覚め、お小遣いを貯めてはアルバムをしこしこ買い集めつつ、ミュージックライフも買ってました。そんな中学生の女子的には、こ~んなに次々と新譜をリリースされても、とてもフォローできまっしぇん
ラジオの深夜放送から流れてくる新曲を、耳をダンボにして聴き、テープに録っていました




           

         



明日の日曜日は 復活祭(イースター)です。キリスト教では、十字架に架けられたイエス・キリストが数日後に復活した日とされ、クリスマスより重要なイベントだとか。このイースター、日付けが固定されていなくて、春分の日の後の、最初の満月の次の日曜日と決められているようです。なんだかピンとこないけど、
年によって、3月21日~4月24日と、1ヶ月以上も開きがあるんだそうです。
桜の開花予想で1週間違うと大騒ぎになる日本とは、えらい違いですね



テレビ番組で、子供達が卵に色や模様を付けて イースターエッグ作りをしている所を見かけますが、キリスト教に馴染みがないと、「なんじゃ?そりゃ。」的な行事ですよね。


欧米ではこの時期、カラフルなイースターエッグを玄関先に飾ったり、宝探しのように庭に卵を隠し、子供が探すんだそうです。見たことないけど…
卵は繁栄や多産の象徴で、子沢山のうさぎが届けてくれるんだとか。このうさぎをイギリスではhare、アメリカではrabbit や bunny と呼ぶそうです。現地報告があれば嬉しいんだけど、これって、おせち料理に入っている数の子の感覚なのかな



「ベルベットイースター」の歌詞にいつもと違う日曜日なのというフレーズがあります。中学・高校と、キリスト教系の女子校に通ったユーミンには、イースターも馴染みのあるイベントだったのでしょう。


ユーミンに触発され、田舎の中高生時代は、よく音楽室のピアノで、友達の歌の伴奏や弾き語りをしていました。この曲は、雨の街を と並ぶ、湿度を伴う叙情的なピアノが素敵で、大好きな作品でした。
ペギー葉山さんの歌じゃないけど、懐かしい友の顔が一人一人浮かぶ曲です。


昔 ママが好きだったブーツ 履いてゆこう


というフレーズがありますが、ユーミンのお母さんは、きっと細身でおしゃれな方だったんでしょうね。娘時代の母の服がたんすに残っていた少女時代は、趣味もサイズも違うから、共有なんて、ありえね~と思ってました。


母となった今は、そんな昔のブーツはとっくに処分しちゃったし、あんまり長い間取っておくと、カビが生えるぞなもし~とか、かろうじて無事だったとしても、
足の太さが違う娘が履くと、長靴じゃ~ん…なんてツッコんでしまう、結婚記念日の古女房なのでした あの日に帰りたい…




  歌 詞    ひこうき雲   雨の街を   荒井由実   松任谷由実
2008.05.02 / Top↑
4月もいよいよ大詰めですね。ゴールデンウィークを前に、弘前公園では、
ソメイヨシノの花びらが、ピンクの絨毯となって地面に敷き詰められているようです。北海道はいよいよこれからがの本番でしょうか?



花粉情報に一喜一憂する日々と、そろそろお別れできるのは嬉しいですが、
お次は紫外線情報 が張り切って登場です
なんでも、5月は一年の内で一番紫外線の量が多いとか。
皆様もどうぞお気を付け下さいね



桜を見上げる季節が終わり、地面に視線を落とすと、いつの間にか、
黄色い タンポポ や、ピンクの ハルジョオン が、あちこちに咲いていました。



天皇誕生日から みどりの日経由で、ふと気が付けば 昭和の日となっていた、不思議な日。そんな4月29日に生まれた、牡牛座の昭和天皇は、生物学者でもありました。



「雑草という植物はない」とは有名なお言葉ですが、道端のどんな植物にも名前があるのに、十把一絡げでくくられることに、不快感を覚えていらしたようです。
たしかに、ただの草っぱらや池に見えても、専門家や愛好家から見れば、愛しい生き物たちの宝庫。雑草も雑魚(ざこ)もいないわけだから、納得ですよね。




動植物も人間も同じだと思います。草花や鳥や虫や魚と同じように、
GSもジャニーズもおニャン子もモー娘。も、ビートルズもQueenも 3年B組 も、
派遣やパートのおばさん お嬢さんも、名前を覚え、見分けが付くようになれば、
仕事も音楽も楽しさアップぞなもし






     たんぽぽ   






今日は、さして話題になることもないけど、気が付けば咲いている、生命力の強いタンポポの歌です。'82年に角川映画のオーディションで長崎から上京、特別賞を受賞し、スクリーンデビューを飾った 原田 知世 さん、'83年のヒット曲、
ダンデライオンです。作者のユーミンは、アルバムVOYEGER で、セルフカバーしています。



当時高校生だった知世ちゃんは、南野陽子さんや天海祐希さん、桑田・清原のPLコンビ、ゴン・井原のサッカー日本代表コンビ、セリーヌ・ディオン、ニコール・キッドマン、ジュリア・ロバーツの北米トリオ(?)、織田裕二・江口洋介の月9コンビ(?)、大魔神・佐々木主浩・元選手らとタメで、今や40代です。
バブル時代、スキー初心者ながら大胆に志賀高原を滑り降りた彼女も、
今はとても素敵に年を重ねています




ここ数年は、子役の女の子と「暇ですね~」と言いながら、生活感のない大きなお屋敷で、庶民用のインスタントコーヒーをたしなんでいらっしゃるようです。
つっこみどころ満載のあのCMを見るたびに、大きなお世話の妄想ワールドが広がるのは私だけでしょうか





   歌 詞    ユーミン    女子高生    森村 桂?   お姉さん



春紫苑   虞美人草  タンポポ   ダンデライオン  チューリップ  
2008.05.02 / Top↑