1985年8月12日、乗員・乗客524名を乗せた日航の羽田発東京行き123便は、群馬県の御巣鷹山に墜落し、520名の方が亡くなりました。


機体の金属疲労が原因という、凄惨極まりない事故でした。
奇跡的に4名が助かり、ヘリコプターで生存者が救出される衝撃的な映像は、今も目に焼き付いています。


歌や司会で人気だった坂本九さんは、この日航機事故で亡くなりました。
ジョンやポールと同世代の1941年生まれです。
享年43歳


九ちゃんの歌った「上を向いて歩こう」は、「SUKIYAKI」というタイトルで、'63年に、日本人初の全米ナンバーワンとなりました
今日の曲は「見上げてごらん夜の星を」です
'63年に彼が主演したミュージカルの主題歌で、今はスタンダードソングとなり、多くの歌手がカバーしています


合同慰霊祭の壇上で、当時小学生だった、九ちゃんのお嬢さん達が、ピアノで連弾した曲です。
長女の大島花子さんは歌手となり、澄んだ歌声で、父の遺したこの曲をカバーしました。
次女の舞坂ゆき子さん(本名・大島舞子さん)は、宝塚を経た、女優・歌手です。
最近は、お母さんの柏木由紀子さんと3人で、CDをリリースし、ライブ活動をしているそうです


あれから22年が過ぎ、今日も、群馬県の墜落現場にできた「慰霊の園」で追悼式が行われます
犠牲となった皆様のご冥福を、心からお祈りいたします。





        歌 詞      Stars      舞坂ゆき子さん





  
スポンサーサイト
2008.08.28 / Top↑

昨日出かけたホームセンターでは、もう注連飾りや鏡餅が並んでいました。まだ11月なのに、年々登場時期が早くなっているみたい。
ちょっと待ってよ~って感じです

先日、
ALWAYS 続・三丁目の夕日を見ました。
初めて家族揃って観に行った、2年前の
前作では、三丁目の住民の愛情やユーモアの溢れるエピソードの数々に、心がほっこり温かくなりました。日本アカデミー賞を総なめにしたのも、記憶に新しいところです。
続編ができるとのことで、ずっと心待ちにしていました。


今回は中学生の息子と2人で行きました。
懐かしい風景が映し出され、テーマ音楽が流れてきた途端、うるうる
エンディングにまで工夫を凝らしてあるので、最後まで席を立つ人がいなかったのも嬉しいことです。
続編の舞台は、東京タワー完成後の
昭和34年
この年に生まれたのは、
こちらの皆さんです。


私は後ろの方の席が好きなのですが、空いてなかったので今回は前の方で観ました。後方の観客の反応が伝わってくるので、当時を知る世代の方の「おお~」とか「クスッ」という声になるほど、そこもツボなのかと感心しました。
映画館のスクリーンでは迫力の映像と音が楽しめるので、家で観ているのとはまた違った楽しさがありますが、特にこの作品は、できれば大画面で味わうことをお薦めしたいですね。
12月1日は映画の日なので、1000円で楽しめますよ
前作同様、とても丁寧に作られた、癒し効果大の心温まる作品なので、よろしければご覧になって下さいね。(もちろん、映画会社の回し者ではありません。)


今日は、この映画の主人公で主演女優賞に輝いた薬師丸ひろ子さんが'81年に歌ったセーラー服と機関銃です。
この曲は同名の角川映画の主題歌で、機関銃を連射した後の「快・感」の台詞が有名でした。
コーラス部出身で、竹内まりやさんのアルバムでは「元気を出して」のバックコーラスを務めたひろ子さんですが、今では優しいお母さん役が定着しましたね。今回は、作曲者・来生たかおさんが自ら歌った、
夢の途中と聞き比べてみてください。


中・高と、ブレザー型の制服だったので、セーラー服って着たことがないんです。今着ると、
こんな感じかな jboyひろさん、お邪魔しま~す


初めて聴いてしばらくの間、「都会は秒刻みのあわただしさ」を、
「都会は病気並みのあわただしさ」と勘違いし、変な歌詞だなあ、
と思ってた、スットコドッコイな私です・・・





                    
歌 詞(二本立て) 



女子高生時代  観客が若い・・・ メインテーマ   なつかCM1

 

なつかCM2   ALWAYS  花の名  昭和の子 平成の子


  

2008.08.27 / Top↑
昨夜、妹がメールで「金星と三日月が接近して、めっちゃきれいだよ☆」と教えてくれました。
「ありがとう。私も昨日、偶然目にして、感動したよ☆☆」と、返信。
フロントグラスが、まるで映画のスクリーンのようで、天体ショーを鑑賞しながらのドライブは、とても愉快な気分でした。
その時、ふと頭に浮かんだのがこの曲です。


Sitting in the stand of the sports arena,
Waiting for the show to begin
Red lights, green lights,strawberry wine
A good friend of mine follows the stars
Venus and Mars are all right tonight


「Venus and Mars」は、'75年にリリースされたWingsのアルバムのタイトルソングです。
この曲の持つ、スローでふわふわとした幻想的なメロディーで頭の中が空っぽになった後、目覚まし効果抜群、ライブ大好き人間・ポールの本領発揮ナンバー、「Rock show」へと続きます。

コンサートに行った経験のある方なら、開演前の会場のざわめきや高揚した気分に、覚えがあるのではないでしょうか。
アーティストによって、ファンの年代も性別も職業もファッションも(時にはお化粧も)さまざまです。
家に帰れば、それぞれの環境の中で同じ音楽を聴いているんだなあ、と考えるだけで楽しくなります。

ライトが消えた瞬間、憧れのミュージシャンのライブが始まる期待に胸はふくらみ、わき起こる歓声や口笛。
入口のテントやロビーの売店で手に入れた、色付きのペンライトが、暗い会場のあちこちで星のように瞬きます。
そして遂に、主役の登場!
ライブコンサートは、お気に入りの音楽を生で堪能できるので、大好きです。


「宵の明星」「明けの明星」とも呼ばれる、明るい金星と、くっきりした輪郭を持った三日月の寄り添う、五月の夜空。
今日もいいお天気なので、見えるかもしれませんね。

あの星空のどこかで、金色の髪をした小さな王子様が笑っているのかな?
ジョンやジョージも、ギターやウクレレを楽しげに奏でているかも・・・
離れていても、同じ星を見上げて微笑む人がいる、と思うだけで、心が安らぎます。



      見えるかな?
2008.08.24 / Top↑
今日は朝から梅雨空です
今シーズンは雨が少なく暑い日が続いていたので、どうも慣れなくて、たった1日の雨で、もう青空が恋しくなってきました。


今は紫陽花が見頃ですね。昔訪れた、鎌倉の明月院や成就寺の紫陽花はみごとでした。
またいつか行きたいものです。


さて、今日は週末ということで、昔懐かしいダンスナンバーにしました。
ABBAの「Dancing Queen」をディスコで踊ったことがある方、手を挙げて(^^)/・・・私だけでないことを祈ります。


スウェーデンが生んだ人気グループABBAは、男性2名、女性2名ずつのユニットで、この名前はメンバーの頭文字から来ています。


アグネタ(♀)のA、ビョルン(♂)のB、ベニー(♂)のB、そしてアンニ・フリード(フリーダ・♀)のA、4人並べてABBAになります。KAT-TUNと同じです。(かっつんではありません)Aの赤西くん、戻ってよかったね。


男性陣のビョルンとベニーのコンビは、'70年「木枯らしの少女」をヒットさせました。ABBAとしては'74年「恋のウォタルー」でデビュー。「SOS」「チキチータ」「マンマ・ミーア」「Take a Chance」「Money,Money,Money」など、世界中でヒットを連発しました。


もともとはABとBAの二組のカップルユニットで、一時は夫婦二組だったこともあるんです。息のあったコーラスが魅力でしたが、ベニーとフリーダが離婚したことから、どうも雲行きが怪しくなって、'82年に解散したようです。


では踊っちゃいましょう。17歳の「お立ち台クイーン」の歌
あ、フレディぢゃないですからね・・・


   歌 詞        '70sのかほり  マンマミーア   …だけぢゃないよ
     


    
2008.08.20 / Top↑
今日はとても暑い一日でした。四国地方は早くも 梅雨明け したそうですね。ダムの貯水率はバッチリということで、給水制限もなく一安心ですが、しばらく真夏日が続くようなので、体調にはお気を付け下さいね


7日は七夕 ですが、短冊には何を書きますか?
今日も前回に引き続き、銀河系の歌にしましょうゴダイゴ銀河鉄道999
松本零士原作で大人気だったTVアニメの映画版主題歌です。


宮沢賢治 銀河鉄道の夜 からヒントを得たという原作は、'79年の邦画で興行成績が1位だったそうです。ゴダイゴの曲も、ザ・ベストテンで1等賞を取ってましたね。でも、あいにく、私はアニメも映画も観てないので、ファンだった方は、どんぞフォローしてくださいまし
最近、メーテルのモデルは誰だったのかわかったけど、ちょっと意外な方でした…あ、工藤静香さんぢゃありませんよ~。


懐かしくなったので、銀河のロマンス とほぼ同時代に読んだ「銀河鉄道の夜」を、数十年ぶりに再読してみたら、賢治ワールドのスケールの大きさや、テーマの重さや深さに改めて感嘆しました。


子供の頃の自分は、この作品からどんなメッセージを受け取っていたのか、残念ながら、あまり覚えていません。ただ、当時、コーラスコンクールで歌った曲の歌詞同様、夜空を翔る銀河鉄道のイメージは、脳内スクリーンに広がっています。星座は詳しくないけど、夜空は大好き。プラネタリウムや夜汽車や夜間飛行には、今もワクワクします。






               





夜汽車はロケットのように     宮下 啓三



夜の急行列車に乗ったとき 窓から外を眺めていたのさ

畑も山も 見えない闇に ぽつん ぽつん ぽつん 灯りだけが見えた


遠く近くの灯りが ぴかぴかと 夜空に浮かぶ 星のように見えた

すれ違った汽車の汽笛が 風に散って どこかの星の合図に聞こえた


ぼくの乗ってる汽車はいつの間に ロケットになって 星の世界を飛んだ

町の灯りは天の川だよ どこまでも どこまでも ぼくは夜空を飛んだ






「銀河鉄道の夜」の劇場版はリアルタイムで観ました。帰省した時に、ちょうど、実家の近所の映画館(GS映画を観た場所)にかかっていたので入ってみたら、なんと観客は私一人


どうも居心地が悪く、「すみませんねぇ~。」って感じで、遠慮がちに、ど真ん中の席に座りました。(いえね、隅っこじゃ、あまりにも悲しいので…)途中で2,3人お客さんが入ってきた時は、ほっとしましたが、皆さんは、映画館で、ほぼ独占状態だったことってありますか


今日は、銀河鉄道の関連曲と、星にちなんだ歌をお届けします。
鉄道マニアのことを鉄男くんと呼ぶようですが、最近は女子も増えているとのことで、徹子 鉄子さんというそうです。そういえば、銀河鉄道999の主人公は、
星野鉄郎 くんでしたね






銀河鉄道999  旅立ち   きらめく星 銀河鉄道の夜  星めぐり  


ハレルヤ  帰 郷   お色直し  星 男   おまけ1  おまけ2

2008.08.20 / Top↑
パイレーツ・オブ・カリビアン(カリブの海賊)のジャック・スパロウ船長役でお馴染みジョニー・デップが来日しました。
'63年6月生まれだから、今年45歳。(見えな~い
本名、ジョン・クリストファー・デップ二世。(息子の名は酸性三世だと


ファンにサインする際に態度が丁寧なハリウッドスター(=いかにスターがファンをぞんざいに扱うかがバレバレ)という項目で、3年連続1位に輝いているそうな
この賞、一体、誰がどうやって決めるのか知りませんが、ミシュランの覆面調査員みたいに、ミーハーファンを装った審査員が抜き打ちチェックでもしてるのでしょうか



たしかに、昨日のテレビによると、レッドカーペット近くにたむろってる徹夜組のファンのため、100mを45分もかけてサインや握手をして歩いたそうです。(どうでもいいけど時速何キロ?)
はい、そこで、今日はジョニー特集、いっちゃいますよ~
Have fun




  波乗り中     John E    伝えてよ   未来カラキマシタ  

 ジョニー…   天使?     Yo- ho     よっ! 男前っ!
2008.08.18 / Top↑

今日は、ダイヤモンドのCMでお馴染みの曲「Amazing Grace」をご紹介します。
日本人では、白鳥英美子さんや本田美奈子.さん、岩崎宏美さんなどがカバーしています。
原曲は300年以上前に作られた黒人霊歌だそうです。
題名の意味は、「驚くばかりの恵み」
死と隣り合わせにあった自分を救ってくれた、神への感謝の歌です。


作詞者は、1725年ロンドン生まれで、奴隷貿易に携わっていたジョン・ニュートン。
彼は船上で嵐に遭い、死と直面し、極限状態となった時、神を見たそうです。
その後、信仰を深め、奴隷貿易から手を引き、牧師となりました。
彼はこの恵みを多くの信者に語り続けて、人気を博し、たくさんの讃美歌を書きました。


宗教は異なるけど、いわば18世紀の瀬戸内寂聴さんが書いた歌だと思っても、あまり違和感がないように思うのは、私だけでしょうか?


クリスマスケーキを食べた1週間後には神社に初詣に行く私ですが、この曲を聴くたび、ゆったりとした気分になり、心が安らぎます。



      歌詞と解説   ロック系   ブルース系   癒し系

2008.08.16 / Top↑
今日も暑いですね。なんとな~く沖縄んな気分なので、涙(なだ)そうそうを聴きたくなりました。
ゆったりしたテンポに、心にしみる歌詞。思わず口ずさんでしまう名曲ですね。
カラオケなどで歌ったことがある方も多いのではないでしょうか


この曲が世に出たのは、ちょうど10年前。 瑠璃の島八重山諸島石垣島 出身の3人組、BEGIN の曲に、森山良子 さんが、夭折したお兄さんへの感謝の想いをこめた詞をつけた作品です。


2000年にBEGIN、2001年に、石垣島つながりの夏川りみ さんが歌い、
翌2002年、夏川さんはレコード大賞金賞を、森山さんは作詞賞を受賞しました。


「涙(なだ)そうそう」とは、沖縄弁(ウチナンチュー)で、涙がぽろぽろこぼれる様子をさす言葉だそうです。「涙がちょちょぎれる」じゃ、情緒ないですもんね。お盆をふるさとや旅先で過ごした人達も、そろそろ戻って来る頃ですね。懐かしい顔や、新しい顔との出会いはありましたか?


 蝉時雨のさんざめく今日は、63回目の 終戦記念日 です。




       沖縄の海    




  森山良子   BEGIN   夏川りみ   島人ぬ宝  さとうきび畑


  子守唄   恋しくて   懐かCM   だ~れだ?   おまけ  


2008.08.15 / Top↑

先週の日曜日、久しぶりにコーラスのステージに立ちました。
前日のリハーサルでは大雨でしたが、本番の朝は台風一過の青空が広がり、気温も20℃以上と、とても快適でした


コーラス指導者は、高校時代の友人です。愛媛から出たことのなかった彼女が、結婚を機に、偶然、北関東の隣町に住むようになって以来、つかず離れずのお付き合いをしています
中学の音楽教師を経てピアノ教師をしていた彼女は、引越し先でピアノ教室を再開し、地元の公民館で、小学生から年輩者まで幾つかの団体にコーラスを教えています


市の文化祭の出し物で、それぞれの団体が、「いのち輝け」をテーマに、持ち歌や寸劇を披露し、最後は80人の大合唱「大地讃頌」で締めくくりました。
一人で歌うのもいいけど、パートに分かれ、互いの声を聞き合いながらハーモニーを楽しむコーラスには、また違った味があります


田舎町のサークルなので、コーラス初心者で楽譜が読めないという人も多く、カラオケの経験はあっても、ステージに立つのは初めてというおじさんやおばさんも珍しくありません。
そんな人たちを一から指導して、舞台発表にまで導く彼女の手腕には、頭が下がります。


3人の子育ての傍らピアノを教え、数年間は、一日がかりで声楽の先生の元に通っていたという彼女は、きれいなソプラノの持ち主で、いつも率先して歌いながら、きびきび指導します。
なにぶん素人の集まりなので、なかなか自分の持つ曲のイメージには近づきませんが、うまくいかないと、すぐ中断し、その都度、的確な表現で、出すべき声や表現をイメージで伝えてくれます。


私はいつも、たとえの上手さに「なるほど」と感心し、指導を受けた直後、みんなの声や表現ががらりと変わるのに感動していました。
一人の力は微力でも、一人一人の意識が変わると、トータルでは大きな力になることを、つくづく実感し、コーラスはチームワークであることを再認識しました。
おかげさまで、楽しいステージができ、お客様の評判も良かったようです
想像力豊かでユーモアにあふれ、時に厳しく、時に温かい指導者としての彼女の一面を知ることができたのは、大きな収穫でした


先日はユーミンのライブに一緒に出かけましたが、ずっと双眼鏡で見ていた彼女は、ステージの裏方仕事に釘付けだったそうです
一人一人が、自分の仕事に全力を尽くして、最高のステージ作りに貢献している姿に感動したとの言葉に、指導者はクリエーターだということを実感しました


隣町で再会できた運命に感謝しています。
修学旅行の銀座で食べたピザの話を聞くのを忘れていたので、今度会った時に話そうっと。
ライブハウス未体験の彼女と、いつか、六本木のCavern Clubに行くのが、ささやかな夢です


今日の曲は、松田聖子ちゃんと郷ひろみファンの彼女(旦那様はひろみと同じ誕生日)の好きな「瑠璃色の地球」をプレゼントします。
ピアノの先生だからパソコンのキーボードも得意かと思いきや、タイプは未経験、パソコンに興味がないのでインターネットもしないそうです


このブログは、多忙な彼女をずっと温かく見守り、支えてきて下さったダーリンが読んでくれるはずなので、この場を借りて、一言ご挨拶をば・・・
「いつもお世話になってま~す。これからもよろしくね


この曲は、聖子ちゃんの懐妊中リリースされたアルバムに収録され、最近出た自選集にも入っている、隠れた名作です
安定期に入り、さんまさんのテレビ番組にゲスト出演した時、たまたま見たのですが、まるくなったお腹をなでながら、「ここに幸せがいっぱい詰まってる。」と穏やかな表情で話していました


あれから21年。
母となった後も歌手として現役アイドルであり続けるタフな聖子ちゃんは、スキャンダラスな面ばかり強調され、批判の声も大きい一方、自分の道を切り開いて行くたくましい生き方にエールを送る同性も多く、いつも注目を浴びています。
年齢的には「聖子さん」だけど、デビュー曲からフォローしてきたミーハーとしては、やっぱり「聖子ちゃん」と呼びたいですね。



                 歌 詞



   
瑠璃色の地球     ピンクのモーツアルト       風は秋色  

          C  M        お ま け 1        お ま け 2






         

2008.08.15 / Top↑
残暑~お見舞い 申し上げ~ます~。

毎日、お暑うございます。
てなわけで、今日は熱い曲で暑気払いを行っちゃいましょう。


今日のゲストは、10月に52歳になる、燃える男 Hiromi Go。
アイドル一筋35年、さんまさんやビリー隊長とタメでごわす、家~ぃ


曲は「ア~チ~チ~ア~チ~」でお馴染み、
「Goldfinger '99」
この曲が流行った頃、息子は幼稚園児でしたが、園でも大人気で、たくさんのクレヨンしんちゃんたちが「ア~チ~チ~ア~チ~」と踊ってました


画像に歌詞が出るので、今日は歌詞の掲載はお休みです
え、手抜き?
たまには休ませて下さいな。
・・・ていうか、好きでやってるんだから、休むのか載せるのかは自由だ~!!


でも、歌詞を載せない方が、ずっと楽やけど、載せるために詞の内容を見直すのも、おもろいんやで♪





 熱いぜ  デビューから35年  本家本元 きみたちまで…   

 

2008.08.12 / Top↑

皆さんの所では、台風は大丈夫ですか?
大雨に弱い首都圏の交通はかなり乱れ、家にたどり着けない人も多数出たようです。こちらは、昨日、子供達が早帰りとなり、でピックアップしました。
今朝は嵐で、学校も午後からでしたが、今は雨もあがり、落ち着いています。
明日は暑くなるのかな?

愛媛の母に連絡したら、今回は台風の進路からはずれたらしく、雨が降らないどころか、気温が35度もあったそうです


昨日、世界三大テノールの、ルチアーノ・パヴァロッティ氏が亡くなりました。72歳を前にしての訃報でした。北島サブちゃんの1年上で、アラン・ドロンや、赤塚不二夫さん、筑紫哲也さん、朝丘雪路さんとタメでした。


ジブリのアニメに登場しそうな風貌を持ち、「神に祝福された」と言われる声の持ち主だった彼は、ダイアナ元妃と親交があり、葬儀で歌うよう依頼された時、悲しすぎてとても歌えないからと辞退したというエピソードがあります。

謹んでご冥福をお祈りいたします


パヴァロッティ氏で覚えているのは、2006年のトリノオリンピックの開会式で、地元・イタリア出身の彼が朗々と歌い上げた、プッチーニ作曲の歌劇 「トゥーランドット」のアリア 「誰も寝てはならぬ」です。
この曲をバックに堂々とした滑りを見せ、金メダルを獲得した、フィギュアスケートの荒川静香さんの
イナバウアーは、ため息が出るほど魅力的でした
演技開始の時刻が明け方頃という話を聞き、数時間の仮眠の後、今か今かと待ち続けていたのですが、待った甲斐があり、画面に釘付けでした


帰国後、「Smap x Smap」 のビストロスマップコーナーにゲスト出演し、中居君に「メダルはかじらないんですか?」と質問された荒川さんは、「かじりません。意味、わかんないし」と、きっぱり答えました。
ここ数年来、カメラに向かい、嬉々とした表情でメダルを噛むポーズを取る受賞者達の姿に、ずっと違和感を持っていたので、私は溜飲が下がる思いでした



トゥーランドットは、古代中国の北京を舞台として1926年にイタリア・ミラノで初演された3幕物のオペラで、「誰も寝てはならぬ」はその第3幕で登場するアリアの一つです。冬季トリノオリンピック女子フィギアスケートで金メダルを獲得した荒川静香選手がフリー演技で使用した曲ということで、大きな注目を集めました


 古代中国皇帝の一人娘「トゥーランドット姫」(架空の人物)は、結婚を申し込んでくる男達に3つの謎かけをして、それが解けなければ処刑という厳しい掟を設けていました。
あるとき、姫の美しさに一目惚れしたダッタン国王の息子カラフ王子が3つの謎に挑み、これを見事解いてしまいます。


しかし、心を固く閉ざしていた姫は王子の求婚を受け入れませんでした。そこでカラフ王子は「それでは私もたった一つの謎を出そう。私の名は誰も知らないはず。明日の夜明けまでに私の名を知れば、私は潔く死のう」と、逆に姫に謎かけをします。


王子から自分の名前を言い当てるように謎かけを受けたトゥーランドット姫は、直ちに町中に家来を総動員して王子の名前を知る者を捜索させ、「今夜は誰も寝てはならぬ。求婚者の名を解き明かすことができなかったら住民は皆死刑とする。」と号令をかけます。


やがてカラフ王子の名前を知るリューという者が捕らわれ、王子の名前を言うように拷問にかけられますが、リューはいきなり衛兵の剣を奪って自らの命を絶ってしまいます。カラフ王子は、呆然と立ちすくむ姫を無理矢理抱きしめキスをすると、彼女に自分の名前をそっと打ち明けます。リューの献身とカラフ王子の情熱に心を打たれた姫は心を開き、「彼の名前は『愛』です!」と家来達の前で高らかに宣言し、二人は結ばれて幕を閉じるのでした。




  三大テノール  最後のステージ    Cool Beauty    意外な共演     




     Nessun dorma  



     誰も寝てはならぬ 誰も寝てはならぬ

     貴方もですよ、姫様

     寒い部屋で星を見上げ

     愛と希望に打ち震えながら!



     私には秘密が隠されている

     私の名前を知るものは誰もいない

     ああ、貴方にそっと口づけて打ち明けよう

     日の光が眩しく照らす頃に!

 

     私の口づけは沈黙を打ち破り

     貴方は私のものとなる



     誰も彼の名前を知らない

     私達(住民)は死なねばならない



     夜よ早く消え去れ!

     星よ早く隠れてしまえ!

     夜明けには、貴方を勝ち取ってみせる!

2008.08.08 / Top↑
今日も焼けつくような暑さです
毎朝、テレビの天気予報で、今日の最高気温の数字を確認するたび、うんざりします。
アウトドアで働く人や運動する人は、本当に大変だと思います。
外出の際は、熱中症に気を付けて下さいね


暑さでよれよれになりながら、犬の散歩をする、近所の人に会いました。
犬のペースに合わせるので、さっさと切り上げるわけにもいかないと、ため息をついていました
天候にかかわらず、一日も休まず、日に何度も出かける姿に、思わず口をついて出てくる言葉は「お疲れさまです」
ペットを飼うことは、一緒に年を取ることで、「可愛い」だけじゃ済まない部分も多々あります。
家族の一員として、一つ一つの命と最後まで付き合っていきたいものですね


今日は、長崎の原爆記念日です。
当時の犠牲者は7万人余り、その後15万人の人が、命を失いました
謹んでご冥福をお祈りいたします。


長崎市出身の友人は、十代の頃、被爆後遺症と思われる病気で、両親を相次いで亡くしたそうです。
おじ・おばも、皆、被爆症で夭折し、親戚はほとんどいないと言っていました。


坂の街・長崎には、中学の修学旅行で行きました。
グラバー園や、大浦天主堂、稲佐山から臨んだキラキラした夜景などは、今も覚えています
今日行われた記念式典の会場でもあり、爆心地に立つ、平和祈念像前にも行きました。
あの美しい街が、かつて破壊されたことがあるということが、とても信じられませんでした。


62年前の今日、九州地方の天候調査を行ったのは、
3日前の8月6日、広島に原爆を落としたばかりの B-29、エノラ・ゲイ号だったそうです


青い空を見ると浮かんでくる曲の一つは、ビートルズ最後のアルバム「Abbey Road」から、メドレー前にあり、ジョン・ポール・ジョージのコーラスが美しい「Because」です
ある日、ヨーコが自宅で、ベートーベンのピアノソナタ「月光」を弾くのを、ソファーに転がって聞いていたジョンが、突然ひらめきコードを逆さまに弾くよう、リクエストしたそうです。
そしてできたのがこの曲。
なるほど、オリジナルのピアノ曲に、よく似ています。
逆さにしたせいか、昼夜も逆転したようで、月光の曲が、青空に変わってしまいました
曲作りをしながら、二人仲睦まじく、ピアノの前でいろいろ、音や言葉を探す姿を思い描くと、微笑ましい気持ちになります。
ポールとジョージは、「Abbey Road」の中で、当時この曲を一番気に入っていたそうです


好きな曲を聴け、好きなことを書ける、平和な一日に感謝します



   
  長崎平和宣言   絶妙なハーモニー  長崎県人会
 
  県人会その2    締めはやっぱり・・





     
2008.08.06 / Top↑
また一人、昭和を代表する方が、星になりました
作詞家、阿久悠さん。享年70歳。


私は、タレントスカウト番組「スター誕生」(スタ誕)を見て育ちました
日曜日の朝、司会の萩本欽一さんのほか、作曲家の都倉俊一さん、岩崎宏美さんの歌の師匠、松田トシさんなどと一緒に、阿久さんの姿が審査員席にありました。


普通の中高生が応募葉書を出し、予選大会に臨みます。4小節歌った所で、テレビ出演の可否が決まり、合格者は番組で歌います。基準点以上だと、晴れてチャンピオン大会に進出です
エンディングでは、欽ちゃんが、合格者や会場の人達と「バンザーイ!!」で締めくくっていたのですが、誰も合格しなかった回では、「バンザーイ、なしよ。」と慰めていました。
チャンピオン大会では、明日のスターを探しに来た、レコード会社や芸能プロのスカウト達に審査されます。


「この原石を磨き上げ、世に送り出したい」と思うスカウトマンは、欽ちゃんの掛け声と、「一生懸命頑張りました。よろしくお願いします」の緊張で震える声を合図に、社名を書いたプラカードを高く掲げて、意思表示をします
スカウトマンの人気が集まった人は争奪戦になり、話し合いの元、所属先が決まり、数ヶ月のレッスン期間の後、晴れてデビューを飾ります。
人気ナンバーワンは、桜田淳子さん。地元・秋田での地区予選の時から輝いていたそうです。
新人歌手は、芸名を大きく書いた看板で紹介され、番組内でデビュー曲を披露し、スターへの階段を昇り始める、というわけです


スタ誕は、アイドルの宝庫でした。
ざっと思いつくだけでも、森昌子、桜田淳子、山口百恵、岩崎宏美、中森明菜、小泉今日子、榊原郁恵、片平なぎさ、石野真子、ピンクレディ、渋谷哲平、新沼謙治に藤正樹(アイドルか?)城みちる、伊藤咲子、柏原よしえ、松本明子etc.
コントコーナーに、西山君や、クロベエなど(敬称略)
決勝大会で嬉し泣きしていた中学生が、しばらくすると新人歌手として出てきて、だんだん人気者になっていく・・・その過程には、まるでクラスメートがデビューするような親近感がありました


阿久悠さんは、そんなスタ誕出身の新人を、デビュー前から温かく見守り、曲を作り、応援し続けていたそうです。一世を風靡し、時代の寵児となったピンクレディの絶頂期にも、会えば「(ちゃんと)食べてるか?寝てるか?」と、控え目に声をかけていたそうです。


50代の今も現役で活躍中のピンクレディは静岡の高校で同級生だったそうです
デビュー曲の「ペッパー警部」を、奇抜な振り付きで、歌い踊る姿を初めて見た時、「なんじゃ、こりゃ?」と思いましたが、阿久・都倉コンビの手がけた曲は、
土居甫(どい はじめ)さんの振り付けと相乗効果で、子供達に大人気となり、次から次へとヒットしました。


エルトン・ジョン&バーニー・トーピンのコンビとは逆に、まず曲が先にでき、阿久さんは、デモテープを聞き、浮かんだ歌詞を書いたそうです
都倉さんによると、時代の空気を読み、日常的なさりげない言葉で、その時代の飢餓感を満たすことのできる人だったそうです。意外にも、音楽は得意ではなかったとか。


山口百恵さんの仕掛け人で名プロデューサーの酒井政利さん曰く、彼には、少年とチョイ悪オヤジの面もあり、頭の中におもちゃ箱を持っていて、それをかき回して取り出すのを楽しんでいたとのこと
ピンクレディには、大人も子供も楽しめる歌、八代亜紀には日本人の魂をつかむ歌、それまで元気いっぱいのイメージだった都はるみには、しっとりとした歌・・・
作詞家生活40年の間に、5000曲作ったという詞の世界は、とても広範囲で、奥が深く、一曲一曲にドラマがあり、心に届きます


'90年代、シャカシャカサウンドの歌詞が、耳を素通りし、心に残っていないのは、当時、その頂点にいた人が語ったように「コンピューターが勝手に作ってくれる」曲だったからかな、と思います。伝えたい思いをメロディに乗せて聴き手に届けるのが歌なのではないでしょうか?



東京での学生時代、場末の名画座で、たくさん映画を見たことも、阿久悠ワールドを広げる一助となったと、自伝にありました。
新曲として彼の詞を与えられた歌手たちは、毎回、どんなドラマを歌うのだろうと、わくわくしたそうです。
岩崎宏美さんは「格好いい!!」ピンクレディは「SFみたいで面白い」「舟歌」を貰った八代亜紀さんは「出だしの2行だけで、これはいける♪」と思ったそうです。



淡路島に生まれ、高校野球や阪神タイガースを愛する彼が書いた小説「瀬戸内少年野球団」は、夏目雅子さんと郷ひろみさんの共演で映画化されました。
同じ瀬戸内地方に育った私にとっては、穏やかでキラキラした、懐かしい海の空気が感じられ、元気の出る作品でした



「あくゆう」と打つと、「悪友」と変換されますが、ペンネームは「悪友」から来ているそうなので、問題はないかもしれません。
ご冥福をお祈りするとともに、言葉を紡いで、心に残るたくさんの歌で昭和を彩り、私達を楽しませて下さったことに、心から感謝いたします



詞を書くのが大好きで、依頼がなくても最期まで書き続けていたということなので、近い将来、書きためた作品の中から、新たなヒットソングが生まれるかもしれません




 


     阿久悠 トリビュートソングス 



       歌 詞        目からウロコ?     舟 歌   津軽海峡冬景色


   宇宙戦艦ヤマト      学園天国   居酒屋  北の宿から


   夏にご用心  また逢う日まで  もしピア   勝手にしやがれ


   レコード大賞   ロマンス   林檎殺人事件   せんせい


   
2008.08.05 / Top↑