あさってから三月ですね。ここ数日は冷え込んでいましたが、今日は雨→雪→雨でした。今シーズン二度目の雪は少し積もったけど、明日までには溶けそうです。そちらはいかがですか?
前回ご紹介した おくりびと(Departures)がアカデミー賞外国語映画賞を授賞しましたね。秘密の県民Showでは、雪国サミットが開かれ、雪国出身の芸能人が盛り上がっていましたが、庄内地方は、今頃、地吹雪なのでしょうか


授賞式前、レッドカーペットで、「ミーハー気分」と語ったモッくん(本木雅弘さん)は、ショーン・ペンを追っかけ、范 文雀 さんの従妹、余 貴美子 さんは、
アンソニー・ホプキンス のインタビューの後ろにわざと立ったそうです。
モッくん曰く「ミーハー」(みんな同じじゃ~ん


「The Oscar goes to … "Departures", Japan!!」 のコールに、頭が真っ白になった滝田監督は、「みんなで作ったのだから」と、役者さん達とステージに上がりました。モッくんは、胸ポケットに、共演者で、レッドカーペットに立つことが長年の夢だったという 峰岸 徹 さんと、完成を待たずして旅立った、所属事務所の社長という、二人の「おくられびと」の写真を忍ばせていたそうです。


時差ボケや連日の強行軍でお疲れの中、受賞後は分刻みで行われるインタビューの一つ一つに誠実に答える、穏やかな二人に、「おくりびと」の温かい空気やチームワークを思いました。けっして声高でもお涙頂戴でもないのに、深いメッセージは静かに心に届きます。戦いに疲れた戦士のように、この作品に心癒され、救われると感じる人が多かったのでしょう。荘厳で美しい納棺シーンにため息をつきながら、その昔、プレゼントの包装紙をバリバリ開けるアメリカ人にカルチャーショックを受けたことを思い出しました


映画化をきっかけに、納棺師や葬儀屋さんに敬意を払う人が増え、転職希望者も続出しているようです。公開当初は中高年層が中心で、大入り満員というわけではありませんでしたが、家族や友達を誘ってリピートする人が多いようで、「おくりびと」のパワーを感じました。今や長蛇の列だそうですが、二の足を踏んでいる方も、できれば劇場で味わってくださいね




       ジョージ・ハリスン    おくりびと





「おくりびと」は、モッくん27歳の時のインド体験がきっかけで生まれたそうですが、ビートルズでインドといったらジョージ。気の滅入るニュースばかりがセンセーショナルに報道される昨今、スピリチュアル系や、お笑い芸人や落語がブームのようです。ユーモアに溢れていたジョージは、スピリチュアル系の上、ビジュアル系。流行の最先端じゃありませんか


今日の曲は、ジョージ27歳にして初のソロアルバムとなった All Things Must Pass から、'70年代、ラジオでよく耳にした 美しき人生(What Is Life)です。
「おくりびと」を思うたび、All Things Must Pass のまったりとしたメロディや印象的なタイトルが頭に浮かんできます。平家物語の冒頭を思い出す人もいるかな?


お笑いといえば、ジョンのギャグは、シニカルで理屈っぽく、過激なので、爆笑問題の太田さんのノリに近いように感じます。末っ子で人なつっこいジョージは、みんなとゲラゲラ笑う感じなので、ドリフや吉本系かな。中高生の頃、愛読していた Music Life の取材で、色紙に「To the readers of Music Laugh」と書いてました。あれはギャグだったのか、単なる聞き間違いだったのか、今となっては謎です。
星加ルミ子さんなら覚えているでしょうか。


去年の日記 にも書きましたが、ジョージの作った歌は、ジョンやポールとはひと味もふた味も違う、独特の持ち味があります。今日はそんなジョージの誕生日。と書くつもりでしたが、もう3日も経ってしまいました。生きていたら66歳。


'91年の日本公演で共演した、親友の エリック・クラプトン は、ただいま来日中。海外アーティスト日本武道館公演数ランキング、堂々の第1位
日本人を入れても3位。明日は追加公演とのことなので、更に記録を伸ばしそうです。ちなみに、1位は矢沢の永ちゃん、2位は聖子ちゃんだとか。20世紀少年には夢のような、ジェフ・ベック との共演ライブに行かれた方もいらっしゃることでしょう。会場でエアーギターを奏でながら涙する21世紀中年率、めちゃくちゃ高そうですね。ジョージもエアーで参加してたりして


嬉しさのあまり、コンビニで各種買い求めた24日付の新聞には、アカデミー賞の記事の他に、WBC日本代表の話題
わが愛媛が生んだメジャーリーガー・岩村選手が選ばれたのもめでたいことです。
車では、イチロー選手のテーマソング 天城越え を聞く、今日この頃。
短編アニメーション賞受賞作品の つみきのいえ も、過去を慈しむテーマや画風が素敵だな、と思いました。




   晴れるや   棚卸し   諸行無常  ありがとう   ビミョー…


           おくられびと 吉本系?  深い話

スポンサーサイト
2009.02.27 / Top↑
暦の上ではもうすぐ春ですね。少しずつ日が長くなり、日差しも和らいできました。この週末は、20世紀少年 第二章 や、MAMMA MIA! が公開されるとあって、テレビCMが盛んに流れています。共通点は'70sの洋楽。「おっ、懐かすぃ~」と目を細める方も多いでしょう。ちらっと書こうかなと思ったら、テーマソングはどちらも以前の日記で紹介済みでしたので、二つまとめてドーンと蔵出しすることにしませう

♪過ぎ去~った昔が~鮮やか~に~蘇るぅ~

そんな20世紀少女な母が、「これは、私が中学生の時、ラジオで聴いてぶっとんだ曲。あれはディスコで踊った曲」と話したら、「21世紀中年ってこと?
ちょこざいな21世紀少年に、座布団1枚 アンパ~ンチ


ええ、たしかに仰るとおりではございますが、親子で、時を越えて、同じ音楽や映画を楽しめるのは幸せなことです。'90年代生まれの息子も、今や私がビートルズや深夜放送にはまったのと同じお年頃。「この曲のCDある?」と聞かれ、
「ほらよ」と貸すのが嬉しい、'70年代型少女にござりまする





                 





映画版「20世紀少年」の子供時代に、「なんか、私の時と、時代背景がとても似てるんですけど…」とググってみたら、原作者 浦沢直樹さんてば、同世代じゃあ~りませんか。そりゃ、似とるはずじゃ~


大ベストセラーのコミックは未読ですが、友達と秘密基地を作ったことや、中学校の放送室で、ボリュームガンガンでT.REXを流したことなど、その1割は浦沢少年の体験談だそうです。思い当たる人もいるかも


いかにも'70年代のティーンらしく、吉田拓郎をこよなく愛し、そのルーツである、
ボブ・ディランにのめりこみ、ギターを手にしたようです。喫茶店の片隅で聴いていたかどうかはわからんぞなもし 職場のオーディオルームには、壁一面のレコード棚や、ずらりと並んだギター。ジョンやジョージの来日公演モデルもあり、
楽しそうに弾く姿は、まさに20世紀少年でした


   
一方、MAMMA MIA! は、ロンドン発、世界規模で、3000万人を笑顔にしたミュージカル。日本では 劇団四季 が上演したそうです。ABBA のヒット曲が てんこ盛りで、映画版では、大好きな メリル・ストリープ が主演で、歌い、踊っているそうな。


蒼いエーゲ海に浮かぶギリシャの島を舞台に繰り広げられるコメディは、景色も目の保養になりそうだし、予告編の音楽だけでもウキウキワクワクです。
ご覧になった方は教えて下さいね 
 


   
  ドーン1 知己チータ  夢一 夢二  エーゲ海  ドーン2
   

2009.02.02 / Top↑