今朝、ゴミ出しに出ると、風に乗って、ふわっと 沈丁花 の香りが漂ってきました。花粉ファイターの皆さま、デカケルトキハ ワスレズニ 


今日は、卒業シーズンになると思い出す曲を集めてみました。
’70年代現役JK(女子高生)&DK(男子高生 ん?)に定番の 卒業写真 は、
アルトの ユーミンと、ソプラノの ハイファイセット(山本潤子さん)、
2つのバージョンを用意しましたので、お好きな方をどうぞ
隠れた名曲 最後の春休み に、いまだに胸キュンなのは、私だけ?
歌詞は こちらです。ついこの間まで、制服 で通っていた学校も、
一旦離れると、「お邪魔しま~す」ってな感じになっちゃうんですよね。


   アルファベットの名前順さえ

   あなたは ひどく 離れてた



いかにもキリスト教系の学校っぽいフレーズぞなもし~。
ユーミンの旧姓だと A だから、W 君やY 君あたりが怪しいかな

クラス名簿や卒業アルバムは、ちょっと前まで、男子が先、女子は後でしたが、
最近は、男女混合の所が多いようです。
昭和30年代生まれだと、女子名のほとんどが、○子、○恵、○美、○代、
ひらがな名あたりだったので、性別もすぐわかりますが、
今どきは、当て字や欧米系(?)など、すんなり読めないことも多く、
性別不詳の名前も増えました
成人式用振り袖のダイレクトメールが来る男子もいたりして…





     卒業写真(教室) '09.3.9.jpg   





PTA行事などで受付を通る際、名字が五十音の頭かしっぽあたりだと(たいやきか。)、とっととチェックできますが、そうでない場合、後から来たのに追い越されることもあります。結婚後、名字がアベさんからワタナベさんに変わった知り合いは、名簿の一番上から一番下まで一気にワープしたのが、プチショックだったそうです。ねるとんじゃないけど、どん・でん・返~し!


今春卒業の皆さん、おめでとうございます
この時点では、まだ進路がはっきり決まらない方もいらっしゃるでしょうが、
Let It Be(なんくるないさ)でぼちぼちいきませう>それはポチ


学校に限らず、いくつになっても、卒業はありますね。
今、卒業したいと思っていることや、最近、頑張って卒業したぞ~
ということ、ありますか



   あの頃の 生き方を あなたは 忘れないで

   あなたは わたしの 青春そのもの






   アルト   ソプラノ   わすれもの   手 紙   3月9日


   ドリカム  斉藤由貴  菊池桃子  倉田まり子  贈る言葉




スポンサーサイト
2009.03.22 / Top↑
田舎の母から、 が数輪咲いたとの写メが届きました
今年の春分の日(お彼岸の中日)は20日。竹内まりや さんのお誕生日なので、BGMは朝ドラ だんだん の主題歌 縁(えにし)の糸 ぞなもし


ふるさとを離れ、都会に暮らす女子の心の成長を描いた 明日の私 は、
この春、新しいスタートを切る方や、送り出す方、そして、歌詞にあの頃の自分を重ねる、遠い目の皆さんにプレゼントします


「縁の糸」の詞にある 八雲(やくも)立つ とは、まりやさんの出身地で、ドラマの舞台でもある、出雲の枕詞。
実家は出雲大社の門前旅館で、毎日、神社の境内で遊んでいたという まりやさんは、ご縁を大切にする人。いつも無意識のうちに心の支えになっている、
ふるさとへの感謝を込め、作った曲だとか。


Never Cry Butterfly神様はきっと見ているから と歌ったまりやさんにとって、神様銀座(?)の出雲大社は、ポパイのほうれん草よろしく、帰るたび、
たっぷりエネルギーをもらえるパワースポットだそうです


まりやさんと同じく、18歳で上京した私も、子供時代を過ごした ふるさとの風景を思い浮かべるだけで、心穏やかになるのを感じます。家を出たからこそ懐かしく思える物って、なんでもない日常生活や食べ物だとか、家族や友達の笑顔だとか、見慣れた景色だったんだなぁ…と思います。


八雲と言えば、松江にご縁があったアイルランド人、ラフカディオ・ハーン
日本名は 小泉 八雲 さんでしたね


「だんだん」は、幼い頃、生き別れ、18年後に再会する双子の姉妹が主人公。
歌を愛する二人の子守唄だったという 赤いスイートピー を皮切りに、
懐かしいヒットソングのサブタイトルが週替わりで出てきます。
ここで紹介してきた曲もたくさん並んでました


茉奈佳奈ちゃんが、そっくり声のハーモニーで、今やスタンダードとなった、昭和のヒット曲を歌ってます。まりやさんの温かいナレーションやテーマソングは素敵なのですが、早々に見なくなってしまったのはなぜ?
来週末に最終回を迎えるとのことなので、覚えていたら 大団円だけは確認しようかな。次のヒロインは、多部 未華子 ちゃんだそうです。今度は面白いとええけど…






           双子のリリーズ 





双子が出てきてこんにちは、というわけで、双子歌手のヒット曲を集めました。
アラフィー世代には懐かしい、北海道・夕張出身で、現役に返り咲いた燕姉妹といえば、双子のリリ~ズ、ちびまる子ちゃんのエンディングで、西城秀樹さんがシャウトする、百恵ちゃんとタメといえば、リンリンランラン ソーセージ 双生児。
はいはい、ハムじゃなくて「りゅうえん(留園)」ですね(関東ローカル)


なお、(一応)男子さんチームの、おすぎとピーコや、ザ・たっちの曲、街角ファッションチェックや幽体離脱のショートコントはありましぇん




     「袖振り合うも多生(たしょう)の縁」と 古(いにしえ)からの 伝えどおり

     この世で出逢う人とはすべて 見えぬ糸で つながってる

     

     「つまずく石も縁の端」なら 今日すれ違う旅人が

     ふと投げかけた 微笑みさえも 運命からのプレゼント

     時空(とき)を超えて 何度とはなく 巡り会うたび 懐かしい

     そんな誰かを 見つけに行こう 八雲立つ あの場所へと

     どんなに細い 縁の糸も 何かいいこと 連れてくる



     たとえ糸が もつれ合っても 結び直せば また会える

     私たちの 果てない夢は ずっと永遠(とわ)に 続くから

     強く結んだ 縁の糸が 未来の二人 つないでく
「縁の糸」より





      私を育てたこの町に 新しい風が吹いたら

     思い出ごと 箱に詰めて 都へと旅立つの

     うしろ髪引かれる気持ちで みんなにさよならしたけど

     泣いてなんかいられないわ 明日が待ってるから



     ビルの谷間 歩きながら 私 覚悟決めたんだ

     夢をいつか叶えるまでは ふるさとへは帰らない



     ぬくぬくと守られてきた 私も少しずつ変わり

     ストレスにも負けないほど たくましさ 身につけたの

     隣の芝生は青いけど 抱えてる悩みは同じ

     人の痛みがわかるような そんな大人になりたい

     

     未来だけを見つめながら 私らしく生きていく

     キレイに心磨けば 運命は笑いかける 
「明日の私」より





巨人・大鵬・卵焼きな子供時代、兄弟姉妹と赤塚不二夫さんの漫画にゲラゲラ笑い、今もお笑い好きだという まりやさん。八雲立つ、出雲の実家にも、
ワカメちゃんカットの シェー の写真、あると思います


「おそ松くん」の少年サンデーに「天才バカボン」の少年マガジンは、今週、
揃って創刊50周年を迎え、記念コラボ をしているそうです。
余談ながら、その月に生まれたのが 嘉門 達夫 さんにやくみつる(はた山ハッチ)さん。漫画チックやないか~(by 髭男爵…ネタ、古いっすか?)


春のお彼岸生まれのまりやさん、Happy Birthday 私ゃ、秋のお彼岸生まれ。
もうすぐ祖母の命日ですが、今年も帰れないので、エアー墓参りぞなもし。
元気だった頃は、朝ドラや大相撲や高校野球を欠かさず見ていたおばあちゃん、いつも見守ってくれて、だんだん
ネットという大海原の片隅で、皆さまに出会えた奇跡にも、だんだん
「恋はDAN DAN」は浅野ゆう子しゃん…。




3/20 まりやさんのに 77777 HITS。ありがとうございます






     縁の糸  明日の私  マナカナ   特別出演   赤い糸



   リン2ラン2  リリーズ  ピーナッツ  こまどり   おめでとう 
2009.03.22 / Top↑
毎日寒い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?
雪国出身の友人が上京して一番驚いたのは、この季節に布団や洗濯物が外に干せることだと言っていました


たしかに、空は晴れ上がっている日が多いし、寒いと言っても、連日の最高気温がマイナスという地方から見れば、ふっ、ちょろいもんだぜってな感じなんでしょうね。
さて今日は、いつもこの季節に、頭の中でほぼエンドレス状態となる曲、ユーミン春よ、来いです




    
      
  




透明感のある美しい歌詞や、哀愁を帯びたピアノの音色からは、
荒井由実時代に通じるものを感じます。この曲は、'94年秋から'95年春にかけて、NHKの朝ドラの主題歌でした。あまり面白いとも思えなかったけど、娘の通園のため、時計代わりになんとな~く見てました。(そのうち、やめてしまった・・・


1/17の記事ともリンクしますが、私はちょうど妊産婦の頃でした。このドラマが終わった直後のニュースで、被災地の映像が流れていたので、あの時代を思い出す曲でもあります。



最近は朝ドラにはとんとご無沙汰ですが、里帰りすると、家族が一日に二度も見ています。そういえば、民放が少なかったこともあり、子供の頃からずっと朝はNHKでした。長年の習慣なのか、年輩層はチャンネルロックの方が多いように感じます。私はどうもテンポが合わないので、朝は民放をザッピングしていますが、皆さんはいかがですか?



   
歌 詞    春よ来い    雪月花    水の影





           


          
2009.03.16 / Top↑
今日は、まりやさんの6年ぶりのオリジナルアルバム「Denim」の発売日です。
先月、NHKの音楽番組「SONGS」の第一回目に登場。
ご本人の、ゆったりとした温かいナレーションをベースに、プロモーションビデオで、これまで発表された音楽の紹介、「Denim」から数曲分のプロモーションビデオ、山下達郎さんのコメント、そして、達筆なまりやさんの字幕付き「人生の扉」のビデオと、実に充実した内容でした。


上野樹里さんや松たか子さんとの楽しそうなやりとりからも、明るく親しみやすい性格が伝わってきました。家庭に軸足を置き、家事や子育てと曲作りを、家族のスケジュールを優先し、無理のない範囲で両立する姿勢に、主婦として親近感と尊敬の念を覚えます。毎回、さりげない歌詞の中に含まれている深いメッセージが、心にしみてきます。



年を取ることに肯定的で、前向きなまりやさんの周りには、素敵な年輪を重ねた、人生の達人が、たくさんいるのではないかと感じました。
アンチエイジングではなく、ナチュラルエイジングとでも言うのでしょうか。無理に若作りするのではなく、年齢をそのまま受け入れ、「いくつになっても生きる価値はある」という歌詞に、強くうなずきました。


日本では、とかく、若いことが素晴らしく、年を取ることが嫌がられるような傾向がありますが、この曲からは、幾つになっても、何があっても、人生を味わおうという、ポジティブなメッセージが伝わってきます。


私も、その時その時の年齢や、置かれた状況によって、アンテナの角度やとらえ方が変わることを実感し、その都度、面白いと思ってきました。
さまざまな人に出会い、人生経験を積むごとに、だんだん視野が広がりました。
落ち込んだり、焦ったり、迷ったり、失敗に泣いたり、人間関係に悩んだり・・・


今では、何があっても、現実をそのまま受け入れ、味わいたいと思うようになりました。
どんな経験も無駄にはならない。どこかでつながり、いつか生きてくる。
だから、毎日を楽しみながら、笑顔で生きていきたいと思っています。


先日、学生時代のクラブの同窓会がありました。
顧問の恩師は、当時と変わらないイメージのまま、素敵な70代になっていらっしゃいました。
先生や同窓生のスピーチを聞きながら、一日一日の続きが今日であり、心の持ち方ひとつで人生は変わると思いました。


最近は、Gパンやデニム地のスカートを「Gパン」「デニムのスカート」ではなく「デニム」 と呼ぶようですが、ズボンをパンツと呼ぶことと同様、自分では口にしない単語です。
さらっと「Denim」と言えるまりやさんって、やっぱり感覚が若いなあ、と思います。



       歌 詞      人生の扉









2009.03.11 / Top↑
早いもので、10月も残すところ1週間余りとなりました
10月の異名は神無月(かんなづき、かみなしづき)

全国の八百万(やおよろず)の神々が、来年の天候、農作物や酒の出来不出来、人の縁結びなど諸々の相談のため出雲へ出払う月と言われています。


一方、神様ご一行様のイベント会場となる出雲の国では神在月(かみありづき)と呼ばれ、大にぎわいとなるとか。
門前はさぞかし大にぎわいとなることでしょう



今日の曲は、本部・出雲大社の門前で、創業130年という老舗旅館

竹野屋 を営む竹内さんちの三女・まりやさんが生んだ名作「駅」です。
カラオケ好きの女性なら、一度は歌ったことがあるかもしれませんね
まりやさんは、フランス映画のイメージでこの曲を作ったそうで、
'87年、松坂慶子さん主演の映画「グッバイ・ママ」の主題歌となりました。



ちなみに、出払った神様の留守番係は、七福神の一人で
商売繁盛の福の神、そしてビールでお馴染みの恵比寿(えびす)さんだそうです



      歌 詞


  
はい、どうぞ    テーマ    駅 1   駅 2

 
   

 



        

2009.03.11 / Top↑