今日の1曲は、佳曲揃いのディズニーソングの中でも、ひときわ輝く「星に願いを」
アカデミー歌曲賞を受賞し、今もなお歌い継がれるスタンダードナンバーです


1940年(昭和15年)生まれの作品…ということは、ジョンやリンゴと同級生
我らがサブちゃんも、当時は北海道の4歳児
アメリカのちびっ子達は、きっとリアルタイムで楽しんだことでしょうね。


ちょっと気になったので、当時のJ-POP(?)を調べてみました。
「湖畔の宿」「蘇州夜曲」「誰か故郷を思わざる」「紀元二千六百年」「月月火水木金金」「隣組」など。


パールハーバーの前年、国を挙げて「贅沢は敵だ」が始まった頃だったのかな。
軍靴の響きが聞こえてきそうなラインアップですね


日独伊三国同盟が結ばれ、イギリスではウィンストン・チャーチルが首相になりました。
アメリカの大統領は第32代のフランクリン・ルーズベルト。(テディ・ベアの生みの親 シオドア・ルーズベルトさんとは別人。)


ドイツにヒットラー、イタリアにムッソリーニ、日本では皇族の近衛文麿。
そんな、きな臭い時代に、この美しいバラードは誕生しました


その頃生まれたジョンのミドルネームは、時の首相チャーチルにちなんだ「ウィンストン」。
オノヨーコ(小野洋子)との結婚後、戦争のイメージが付きまとう「ウィンストン」を捨て、「オノ」に改名しました。


早生まれのヨーコさんは、この年、学習院初等科2年生。マザコンのジョンより7つ年上の姉さん女房です

 
注目すべきは、1980年の成田ショック以降、日本公演での第一声は「オーッス!」で決まりとなったポールの大先輩・バタヤン(田端義夫・88歳)が「別れ船」でデビューした年でもあったこと


当時21歳。今のジャニーズでいうと、亀梨君や山下君世代のお年頃で登場。
「Isn's she lovely」な森光子さんが1年生だとすると、バタヤンは3年生。
実はこのお二人さん、なにげに同世代だったようです。


ギターを抱え、明るく「オーッス」と登場するバタヤンは、オーッス歴、なんと67年(*_*)
ポールより40年も長く「オーッス」やってますので、温かいご声援をお願いします

今日は、アメリカの独立記念日
全米では、たくさんの星条旗がはためいていることでしょう。




        歌 詞      星に願いを



    
スポンサーサイト
2011.07.07 / Top↑