あと数時間でロンドンオリンピック開会式だ。日本ではお祭り騒ぎだが、ジモティ情報によると、どうもロンドン市内ではいまいち盛り上がってない模様。もともと交通機関の遅れや運休やストは日常茶飯事なところに世界中から大挙押し寄せるので、えらいこっちゃになるらしい。現地入りした記者の数も日本はとりわけ多いらしい(^^;)時差は-8時間。深夜から早朝にかけての時間帯が多くなりそうだ。飛行機で12時間。やっぱ遠いっす。

イギリスには冬と夏に行ったことがある。冬はどんより暗く、夏は肌寒く雨模様の日が多いが、霧雨でも傘をさす人が少ない。高緯度に加え、サマータイムで夜8時頃でも明るい。100年以上も昔、言葉も文化も人種も違う遠隔地で、なかなか太陽にお目にかかれなかった文豪が鬱になったのも、なんとなくわかるやうな気がする。


さて、競技日程はこちら 開会に先駆けて、なでしこジャパン こと、女子サッカーとU23が中心の男子サッカーが、それぞれ初戦を白星で飾ったのはめでたいことだ。水泳選手は十代が主力らしい。ちょいとググると平成生まれのうちの子達世代が多く、時の流れをひしひしと感じる。


開会式は日本時間28日5:00~8:00。NHK では4:30から。先日の女王陛下即位60周年ライブでも錚々たるメンバーだったが、今回もブリティッシュロックやポップスの大御所が多数出演するので見逃せない。大トリはポール。「Hey Jude」の大合唱になるそうだ。アメリカツアーを終えたばかりのリンゴも駆けつけないかしらん♪ジョンとジョージはエアーコーラス。競技のネット中継はこちら(日本国内のみ)


チームGB(グレートブリテン)公式ユニフォームデザイナーはステラ・マッカートニー。親子でオリンピックの晴れ舞台を飾る。天国のリンダも喜んでいることだろう。

Silver rain was falling down upon the dirty ground on London Town



   







  



<twitterより>

日本の五輪関係者続々ロンドン入りとのこと。おそらくその盛り上がりは「日本>ロンドン」であることに気がついてしまうのだろうか。。。

朝からテレビは、オリンピック直前スペシャルみたいな感じ。メダル有力選手の事はもうわかってるんだから、メダル関係なくもっと全競技をみて広く無名の選手を含める情報を流さないのかな。何か偏り過ぎてる感が。


日本のどこの新聞社も通信社も、相当な数をロンドンに派遣しているようだ。風の便りに聞けば、1社20数名~50名とか。すごいなあ。。。全部合わせると、日本の取材団は米国に次いで多いらしい。ちなみにBBCは700数十人の取材チーム。スイスのあるラジオ局は、本国から来週6人ぐらいが、来週来るそうだ。組織の規模が違うのだろうけれど。


オリンピックで忘れないでほしいのは、選手にとっては4年に1度じゃなくて、毎日ず〜っと続いているってことなんだよね。だから、今感動するだけじゃなく、ずっと支えてあげてほしい。それと選手に精神的に圧力かけて壊すのもやめて欲しい。興味本位の報道は読者の私たちが強く拒絶しようぜっ。


ロンドン五輪の音楽プログラム<ROCK THE GAMES>。ミューズ「Survival」に加え、ケミカル・ブラザーズ、エルトン・ジョン、ディジー・ラスカル、デルフィックも同プログラムに楽曲を提供、五輪公式ソングとして使われる。amass


現在twitter登録者は世界で3億人、facebookは約9億人にのぼるという。今回はプロアマ問わず誰もが世界中から(電波さえ届けば)リアルタイムに情報を受信&発信でき、TLで共有できる世界初のソーシャルオリンピックとなる。
4年前の北京五輪日記


     

     





        
スポンサーサイト
2012.07.28 / Top↑
シアトルマリナーズのイチロー選手がニューヨークヤンキースに移籍した。昨日までホームだったセイフコフィールドで今日はヤンキースの一員として元チームメートと対戦。発表から新天地での第一歩まであまりのスピードにびっくりした。移籍後の初打席は双方のファンから温かい応援を受け、センター前へのクリーンヒット。盗塁も決め、リラックスした表情でのびのび野球を楽しんでいた。背番号は51から31へ。早くも映像がアップされているのでご案内。


    


   


日本人初のメジャーリーグ野手として10年連続2000本安打を達成。オールスター戦にはオリックス時代に7回(1994~2000)アメリカで10回(2001~2010)連続出場している。老後の楽しみにと始めた拙ブログでも5年前からイチロー日記をミーハー目線で綴ってきた。御用とお急ぎでない方はお越し下さいませ。


    私を野球に連れてって(2007年7月 米オールスター史上初ランニングホームラン&MVP)

    天城越え (2008年8月 日米通算3000本安打達成)

    伝説のチャンピオン(2009年3月 日本WBC連覇)


今日は野球繋がりの二曲。ユーミンの「まぶしい草野球」は、80年代、お菓子のCMソングに使われた。椎名林檎さんはイチローをモデルに「スーパースター」を書いたとブログ仲間のIKUKOさんが教えてくれた。(元気かな。)


        



          寝坊できる休みの日にも
          なぜ あわてて飛んでゆくの
          そんなに夢中にさせるもの
          のぞいてみたい


          ちょっと高いフライ
          雲に溶けてボールが消えた
          今日 はじめて見た
          あなたがまぶしい草野球



        




     「未来は不知顔(知らん顔)さ、自分で造っていく。」
      多分あなたはそう云うと判っているのに
      ほんのちょっとざわめいた朝に声を無くすの

      私はあなたの強く光る眼(まなこ)思い出すけれど
      もしも逢えたとして喜べないよ
      か弱い今日の私では
      これでは未だ厭(いや)だ

     「答えは無限大さ、自分で造っていく。」
      枯れ行く葉が相変わらず地面を護っている
      そんな大地蹴って歩いては声を探すの

      私はあなたの孤独に立つ意志を思い出す度に
      泪(なみだ)を湛(こら)えて震えているよ
      拙い今日の私でも

      明日はあなたを燃やす炎に向き合うこゝろが欲しいよ
      もしも逢えたときは誇れる様に
      テレビのなかのあなた
      私のスーパースター







     
2012.07.25 / Top↑
大阪で1970年のこんにちは(万博)が開かれ、ビートルズが解散した翌1971(昭和46)年、ポールはRAM、ジョンは Imagine を発表し、ジョージはバングラデシュの難民救済コンサートを行った。日本では昭和歌謡が絶好調。この年のレコードデビュー組はこちら。 (以下敬称略)五木ひろし、研ナオコ、堺正章、沢田研二、大瀧詠一、小椋佳、泉谷しげる、中島淳子(夏木マリ)、西田敏行、藤岡弘、八代亜紀など、今や大御所、巨匠、師匠、スーパースターと呼ばれる錚々たるメンバーが並んでいる。宮野涼子や森田由美恵の歌をなぜか口ずさめるあなたはご同輩(^^ゞ


この年に始まったオーディション番組「スター誕生」の初代グランドチャンピオン森昌子は、翌72年のデビュー。桜田淳子、山口百恵と続き、「花の中3トリオ」となるが、それはまた別のお話。この世代(っていうか私も)が中学生の頃、人気だったのが、新御三家(郷ひろみ、野口五郎、西城秀樹)や、新三人娘(71年組トリオの小柳ルミ子、南沙織、天地真理)、よしだたくろう、井上陽水、チューリップ、NSPあたり。


そんな1971年、返還前年の沖縄から上京し、「17才」でデビューした沖縄生まれの南沙織(シンシア)さんは、7月2日、58歳の誕生日を迎えた。夫は「激写」シリーズや、ジョンの遺作となった「Double Fantasy」「Milk and Honey」のジャケットを手がけた写真家 篠山紀信、長男は「あさイチ」の産直レポーター「アッキー」こと篠山輝信。今年で29歳だそうな。ラベ太郎17才なう。


♪ と~きは なが~れ~た~~


今日はデビュー曲と、そのルーツ、シンシアファンが作ったトリビュートソング、バブル期に斬新なアレンジで蘇ったリバイバル版をご紹介。今やアラフォーの森高千里は、カバー時、17才を通り越して20才だったらしいけど、リカちゃん人形かセーラームーンか竹馬のような脚が話題になりすぎて、年はわりとスルーされてたやうな…
あんな脚だったら人生も着る服も変わるよな…と思ったのは私だけ?




      




     



      



     



デビュー時期は異なるが、片岡鶴太郎、ジャッキー・チェン、立川志の輔、ルー大柴、ボブ・ゲルドフ、THE ALFEE、太田裕美、竹内まりや、伊藤蘭、安倍晋三は、この年、いわゆる普通の17才(高2)だった(はず。。。)


2012.07.04 / Top↑